バカっぷりにびっくり

25日(土)は大安。
だから結婚式も日本全国津々浦々でたくさんあったはず。

・・・で、そんな中で、
「どうしても結婚できない理由があり・・・」
「結婚式場に火をつければ中止になるかと・・・」

ってないきさつで、捕まったアホ39歳♂がいましたなぁ。



妻子持ちだって!?

なんじゃ、そのオチはっ!

つーか、なんで妻子持ちの分際で、
結婚式当日までズルズルと?

相手の女性が妻子持ちであることを知っていたかどうかは知らん。
奥さんがダンナの浮気を知っていたかどうかも知らん。

だが、この両者も今まで一度も妙な雰囲気を感じなかったんだろうか?
どちらか一方に時間を割けば、必ずもう一方がおろそかになるはず。
こんなドアホにも1日は24時間しかないわけだし、
1週間は7日しかないんだから。

結婚まで進んだ段階で、相手の家に行ったことがないなんてコトが
あるんだろうか?
家に行ったら、とても男子の一人暮らしとは思えない光景になってて
「何やら怪しいニオイがするぜ!」と思わんのか?
少なくとも、別の女の存在を疑うとか、そーゆーのなかったのかなぁ?

それとも、わかってて不倫していて、「奥さんと別れて!」と迫ったのか?
で、なかなか応じないので、強行策で結婚式の段取りをつけて、
追い詰めたのか?

まぁ、この際女子2名については置いといて。

このドアホも、39歳にもなって、なぜもっと早いうちに「妻子持ちですねん!」
と言えなかったのか、「結婚なんかできません!」と言えなかったのか。
「火をつけて式場が使えなくなれば、結婚式をやらずに済む」という、
チビっ子でもやらないようなコトを四捨五入したら40歳になる男がやるとは、
情けないにもほどがある。

ついでに、こんな根性無しが不倫だなんて、図々しいにもホドがあるぜ!
不倫するなら、それなりの根性と財力を持ってからやれってーの。

花嫁(役)は赤っ恥だよなぁ。
友達呼んで、親族呼んで、それでコレですもん。
戸籍が汚れなかっただけマシとでも思わなきゃやってられんわな。
[PR]

by gogofinland | 2008-10-28 21:30 | ぐうたらな日々Tokiossa