若造り?

最近、妙にピンク系の服を買う私。
言っておくけど、“林家”系のピンクではなく!!
淡いピンクやサーモンピンクだから。

でも、なんだかこっ恥ずかしくて照れくさくて、
会社には夏に1回着て行っただけ。
しかもその時、あまりに珍しいもんでコメントが色々あり・・・
一応、皆さん好評価だったけど、それがかえって恥ずかしく、
秋冬の分も買ったはいいがタンスの肥やしになりつつある。



なんかさ~ぁ、今さらピンクとか着ちゃうと、
若造りしてるみたいかなぁ?と、ヘタレは思う。

ここ数か月、自分が変。
自分で思う自分じゃないコトを次々考える。
ある意味、『オレ様らしくもない!』って感じ。

ピンクの服もそのひとつなわけだ。
一番変だと思うのは、「赤ちゃんが欲しいの!」ってヤツ。

あ、誘拐とか企ててないっすよ。自力でって意味で。

もぉ、自分自身で「何を今さらになってぬかすか!」と思えるくらい、
どーせ思うなら、チャンスがあった時に素直に作っときゃ良かっただろうに。
その方が年齢的にも体力的にも良かったはずなのにさぁ。

そうは言っても、欲しいってだけで手に入るものじゃないからな~。

それにしても、急にこんなコトを思うのは、
人の子の親になる自信が生まれたってことだろうか?
だって、今まで結婚も子どもも私にはダメ!と思っていた最大の理由は、
親になる自信がなかったからだもの。
結婚して、元・他人と暮らすのも「なんか面倒くさそう」と思ってたけど、
それはどうにか努力すれば克服できる程度の問題だとも思っていたし。

ただ、私の中では“子どもを持つために結婚”であって、
“子どもを持たないなら結婚という形を取る必要はない”というのが
ある種のポリシーのようなもんだったから、恋愛が熟そうがなんだろうが、
子どもを持つ自信がない自分のその先に『結婚』も存在しなかったのだ。

根性ねじ曲がってますな。

おぉ!もしかして、ねじ曲がりが少し直ってきたのか?

が、しかし、時すでに“たぶん”遅し。
まさに「今さら」な感じがする。

そんなわけで、赤ちゃんはさておき、
ピンクの服をいつ着てみるか、ただいま検討中。
[PR]

by gogofinland | 2008-11-29 15:31 | ぐうたらな日々Tokiossa