気持ちいい夢

昨夜の夢はとっても楽しかった!!

目が覚めてからも、なんだか気分が楽しいままだった。



隊長らしき人(似てるけど違うかもしれない)と、
「タリン(@エストニア)に行こう!!」ということになり、
なぜか私はこの人の首にぶら下がって、
一緒に空を飛んでいた。(笑)

すっきり晴れ渡った青い空と、
暖かくて心地いい風の中をスイスイ飛んで、
下にはキレイな草原や森、湖や海の景色。

しばらく行くと、木が青々と茂った小さな山が見えた。
山の中腹に、黄色というか、金というか、そんな色の
細い塔みたいなキレイなお城が見えてきた。

隊長らしき人は「リガ(@ラトビア)だよ!降りてみよう。」と言った。
私は「へぇ、キレイだねぇ。でも、今日はタリンに行くんだよね?
リガで降りたらタリンに行けないよ」と言った。

しかし、この人が「タリンより、今はリガに行った方がいいと思う」
と言うので、なんとなくこのお城もいいかなと思い、
地上に降りてみることにした。

夢の中のリガの街は、赤茶色のレンガの建物や
石畳の道で、まるで中世のよう。
こぢんまりとしているが、とても静かで清潔で、
街の人たちはみんなニコニコしている。

私は一人で歩き回っていた。
歩き回るにつれ、気分は更に良くなっていく。
そよそよと風が吹いていて、太陽が燦々と明るくて。

知らないおじさんが「タリンもいいけど、ここもいいだろう?
大丈夫、タリンへは後で行けるから。飛行機が出るまでリガにいなさい」
と、ニコニコ顔で話しかけてきた。
なんで私がタリンに行くのを知ってるのかなぁ?と思いつつ、
ま、いっか。リガはこんなに素敵だから、のんびりしようっと・・・
とも思った。

石畳の上に立って、お城を見上げながら、
まったりいい気持ち・・・というところで目が覚めた。

起きてTVをつけたら、ちょうどオバマ新大統領の就任式のことを
報道していた。
で、「あ!これこれ!この色!!」と思ったのが、
新ファーストレディ・ミシェル夫人が就任式で着ていた、
あの服の色。あれが夢の中のお城の色だ。
偶然とはいえ、色味もキラキラ加減もピッタリ。

それはさておき、夢辞典で「飛ぶ」を見たら、
チャンス到来の兆し!積極的に行動することで何事もよい方向に進みそう。
しかし夢の中でうまく飛べなかったり、低い所を飛んでいたり墜落して
しまうような夢なら、運気は下降の兆し。自分に自信が持てなかったり
不安定なココロの状態のようです。

と書いてあった。

自力では飛んでないんだよなぁ。
でも、スイスイ飛べたし、高いところを飛んでたし、
着陸はしたけど墜落はしてないし・・・

ということで、自分で勝手に解釈してみた。
チャンスは自力ではなく、誰かの助けがあって訪れるのかも。
それが隊長なのか、それとも隊長っぽい別の人なのか、
それはわからないけど。

いや~、それにしても、すっごく気分爽快な夢だった。

疑問も多々あるけどね。
なぜタリンに行こうとしたのか、
なぜ結局リガなのか、
見たことないリガの街は本当はどんな感じなのか、
なぜお城とミシェル夫人の服の色加減がまったく同じなのか・・・
[PR]

by gogofinland | 2009-01-21 21:11 | ぐうたらな日々Tokiossa