笑っちゃいけないけど・・・

いや、でもやっぱ笑っちゃう。
申し訳ないけど、失礼だとは思うけど、やっぱり笑っちゃう。

だって、あまりにも・・・

ベタベタにサムいんだものっ



ここんとこすっかり放置プレイだった海外メル友サイト。
そこに届いた1通のメール。

こ、これが・・・

「どーしちゃったんだ?この人・・・(--;」なメールで。

ジョーク満載のつもりかもしれないが、
ぶっちゃけ、(特にアジアンな私には)ひたすらサムいだけっすよ!
つーか、これをアメリカン・ジョークとは思えないんだが。

だってさぁ。

もう始まりから大暴走っつーか。

「あなたのプロフィールが私のハートを捕らえた罪で
裁判所命令が出ました」
・・・だよ?なんじゃ、そりゃ?

その後は、やれ「あなたの笑顔が私をハイジャックした」とか・・・
延々わけのわからん褒め言葉(のつもりらしい)が続き、
シメに質問があったのだが、その質問がまた・・・(--;

「神様があなたをそんなに美しく作るのに、
一体どんな粘土を使ったのか教えてほしい」

粘土って、あんた・・・

ここまでベタな外人も珍しい。
というか、隊長の欧米人風表現までは「日本人には不慣れっす」
と思えるが、この人のは照れくさいどころか、
一気に北極点まで吹き飛ばされた感じ。

サム過ぎて、凍死しそうなのかどうかすらわからないほどサムい。
たぶん、『南極物語』のタロとジロも生き延びられないほどサムい。

そんでもって、あまりにも妙ちくりんなので笑ってしまう。
マジで、鼻からコーヒー出そうになった。

疑問なのは、この人、このジョーク(←と決定しておく)書いてて
自分で恥ずかしくなったりしなかったんだろうか?
それとも、アジアンな女にはこのくらい大袈裟にしとかないと
通用しないと思ったんだろうか?

こんなの送りつけたら、普通の人ならドン引きすると思うけど。
なんかヤバいお薬とかキメてから書いたとか?

ただでさえ肌寒さが戻っているここ数日の東京、
家でぬくぬくしていたい時に、こんなサムいもん送るな~!!

・・・と、気を取り直して。

隊長がティナ・ターナーのライブに行ったので、
写真を送ってくれた。

隊長いわく、「たぶんこのツアーが終わったら活動停止すると
思うから、最後に見ておかなきゃ!と思って」だそうだ。

しかしまぁ、ティナってスゴいよなぁ。
60過ぎて、2~3時間のライブをツアーしちゃうんだもの。
しかも結構踊るし。

「あんなパワフルなばーちゃんになりたいわ~」と言ったら、
「じゃあ、AKI、まずはタバコやめなよ~」と言われてしまった。
・・・(^^; あ、やっぱり?
そろそろやめ時かなぁ・・・テニスも始めたことだし・・・

「テニス再開して、これで少しは体重落とせるかなぁ」と言ったら、
「体重落とすの、協力するよ~(^^)」
・・・って、遠いフィンランドでどのように?と疑問なのだが。

と、そんな私に久々のオスロ在住・フィンランド人ナース・Sから
メッセージが届いた。
「AKI、ご無沙汰だけど元気なの!?今、日本にいるの!?
それともフィンランドにいるの!?どっちで暮らしてるの!?連絡して!」

この時期、フィンランドにいるわけないじゃ~ん。
ましてや、フィンランドで暮らしてなんかいませんがな。
そんなチャンスのカケラすら手に入れてないよ。とほほ・・・

Sは隊長の存在について知っているが、(まぁ、私が話したんだが)
「フィンランドの男より、ノルウェーの方がいいよ!」と言う。
S的にはフィンランド男子はイマイチお勧めではない模様。
なぜに!?
[PR]

by gogofinland | 2009-04-27 21:23 | ぐうたらな日々Tokiossa