阿修羅展

ニュースや新聞で、やたらと混雑っぷりが出ていて
「いつ行くべきか・・・」とずっと悩んでいたが、
意を決して行ってきた。

c0034850_21383340.jpg





土日祝日に行くなんてコトは絶対ありえない!
というくらい混雑していると聞いていたので、
有給取って平日の朝イチに行くか、
それとも遅くまでやってる金曜日の帰りに寄るか・・・
すごく悩み続けた。

週間予報では雨だったし、
当日予報でも夜は雨だったし、
とにかく、雨の中上野公園まで行くのは渋々な感じだが、
「これは金曜の帰りにキンコンダッシュしかない!」
ということで、昨日の帰り、上野まで行ってみたのであった。

な、なんと、私の予想を大きく裏切って、
天気はいいわ、仕事帰りの人だらけだわ・・・で、
入場40分待ちのプラカード。
チケット売り場も大行列。
正門くぐって建物前に行けば、これまた大行列。
入場したらしたで、さらなる大行列。

奈良旅での私にとっての興福寺ってーのは、
鹿にカツアゲされたり→参照
お坊さんからありがたいお話しをいただいたり→参照2という場所だったので、
ぜひ興福寺の阿修羅さんに会いたかったのだ。

阿修羅さん以外の展示物も興味深くて、
何がビックリって、8世紀の作っていうから1,000年以上前だってのに、
水晶やメノウの玉やら、小さな水晶の筒を作ってるということ。

特に、水晶の筒なんて、高さ2cmくらい×幅1cmちょいの
小さな六角柱の中をきっちり丸くくり抜いてあるのだ。
今みたいに機械で型抜きするわけじゃないだろうに、
手作り!?ハンドメイドってやつですかいっ!!

さて、そんなこんなで会場をどんどん進むと、
阿修羅さんだけ特別展示されている。
当然のことながら、ここが一番大混雑。
いや、もうデモ隊が押し寄せてるみたいな、
すさまじい様子である。
阿修羅さんの周り360°を人が5重、6重にもなって
取り囲んでいるのである。

係員が「時計周りに止まらずに回ってください!」と
アナウンスしても、一番前を陣取る連中は特に動く気ナシだし、
そんな状況でも次から次へと人が押し寄せるので、
スロープの上から眺めていた私は、
阿修羅さんよりも、この異常な人ごみが興味深かった。

ヘタにこの人ごみの後方から見るよりは、
スロープの上からの方がよく見えるのにねぇ。
そんなに間近じゃないといかんのかい?

暗い部屋の中で明かりに照らされている阿修羅さんを
じ~っと見ていたら、なんだかあの顔が迷惑顔に見えてきた。
ホントはウザくてしょうがないんじゃ?
ホントは興福寺でのんびりしていたかったんじゃ?

そんな思いで会場を後にした私。

ちょうど私の誕生日の頃に、興福寺で会えるらしい。
奈良に行ってこようかな。
やっぱりその時も混むかなぁ・・・

ということで、6月はまたあれこれ見に行く予定。
次は大好きな恐竜!
その次はエジプトの遺跡!

私は絵画よりオブジェ系が好きなのである。
[PR]

by gogofinland | 2009-05-23 22:12 | ぐうたらな日々Tokiossa