初体験

今日は健康診断。

胃カメラ初体験!!

しかも鼻からカメラ挿入。
ドキドキしまくりで、すっかりヘタレ気分。



『鼻から胃カメラ』の感想を一言で言うと・・・

痛い!

胃カメラを入れる前の準備段階だけでも痛い。
私の苦手な痛さなのだ。

まず、鼻の穴が広がる薬を注入される
→「プールにおかしな飛び込み方をして、鼻に水が入った」痛さ。
ツ~ンとくる。

次に、どっちの鼻の穴が入れ易いか、チューブを挿入される
→鼻にストロー刺されるみたいで、ザクっという痛さ。

そして、もう少し太いチューブを挿入して鼻に麻酔薬注入
→さっきより太いチューブで、しかもさっきより深く刺されるので
死ぬ程痛い。

最後に、咽喉にジェル状の麻酔を流しこまれる
→これは痛くはない。でも、しばらく喉奥にこのジェルを溜めて
おかなくてはいけない。

そして待つこと約10分・・・

そんでもって、この咽喉への麻酔ってーのが、
効き始めるとその場所が痺れたような感覚になり、
飲み込もうとしても、飲み込めてるんだかどうだかわからず、
窒息しそうな錯覚に陥るのだ。

ついでに、流し込まれてる最中に、舌先と下唇に麻酔ジェルが
垂れてしまい、徐々に舌と下唇の一部が痺れてきてしまった。

そして遂に!

カメラ登場!!

太さは鉛筆よりちょっと細いかも・・・くらい。

鼻に突っ込まれると、麻酔が効いてない穴の手前はものすごく痛い。

ぐお~ぉぉぉっ!痛~ぁぁぁぁい!!(;;)

と、涙をこらえている間に、鼻の奥と咽喉の奥に若干の
異物感を感じた気がする。

で、先生が「はい、今食道を通り過ぎるところで~す」
続いて、「はい、胃に入りました~」

え?もう胃の中なの?(・・)

はやっ!

モニターを見ると、見たことのない自分の内臓の中。
昨夜の晩御飯のカケラもない。
へぇ、16時間前に食べたものは、もうすっかり空っぽなのね・・・
と、感心しきり。

で、結果。

去年バリウムで診断された十二指腸潰瘍痕ですが、
“誤診”と判明!
胃カメラで見たら、な~んにもデキた形跡ナシ。

なんだよ~、問題ないんじゃ~ん♪と思ったら・・・

別なところにオヘソみたいなのがデキていたり・・・

胃には出血痕が多数残っていたり・・・

さらには、私の胃は通常と形が違うとか・・・

ガ~ン!!なんかおかしな話がザクザク出てきたっ!(--;
胃の形状から、「胃もたれし易い」とのことだったが、
ぶっちゃけ、胃もたれなんかほとんどしたことない(感じてない)んだけど。

それよりも、出血痕にショック爆裂。
一体、いつの間に私は胃の中で血を流していたんだ!?
かわいそうな私。苦労してるのね・・・って、自分で慰めるか!

ということで、バリウムではなく、胃カメラを年イチで受けるようにと
指導されて無事終了。

と、思いきや!

一番の地獄はこれからである。

鼻から胃カメラは入れる時より抜く時が痛い

麻酔薬やら、洗浄液と一緒に、ダラダラと鼻血が出た。

実は、鼻血も初体験

小学生の頃は、誰かが鼻血を出すと、
クラスみんながざわついて、心配して、
やれ「上を向いた方がいいよ」とか、
やれ「首をトントン叩いてあげる」とか、
そんな騒ぎの中心人物になる鼻血タレが
ちょっと羨ましかったんだが。(バカですな)

そんなこんなで、帰りに胃カメラで撮影した写真を
お土産に(?)くれたので、もらって帰った。
[PR]

by gogofinland | 2009-07-23 21:53 | ぐうたらな日々Tokiossa