それは体罰?

またまた福岡で、児童41人にビンタを喰らわせた先生が
戒告処分にされたそうな。

学校から支給された以外のおやつを遠足に持参したことで
怒られて、先生が持参を認めた生徒の間を駆け抜けながら
平手でビンタしたんだって。

・・・で、最近よくある“保護者が教育委員会に噛み付いて”
先生が処分されましたとさ。

・・・ってさぁ・・・



41人の保護者がバカだろ~?

あぁ、なんか最近バカ、バカ言ってますな、私。
「バカって言ったら自分がバカなんだよ!」とは、
私が小学生時代によくあった言い合いのセリフのひとつだが。

今はたかが1発の平手打ち、しかも駆け抜けながらだから
大した“当たり”じゃないと思うんだけど・・・すらもNGなのか。

別に私らの時代が良しとは言わないが、
私なんかは竹刀に木刀当たり前の世界だったけどねぇ。

別にそれで先生が悪いなんて、誰も思わなかったというか・・・
だって、ホントに私たちが悪さをしたんだもん!
・・・って、悪さしといて威張るなって感じですか?(^^;

学校で先生に怒られた、殴られた・・・なんて話、
家に帰って親に話すなんてありえなかった。
そんなコト親に言ったら、「なぜ怒られた?」「なぜ殴られた?」と
理由を追及されて、自分の悪事を吐かざるを得なくなり、
親からも怒られるのがわかってたから。
そもそも、「先生に怒られた」と聞けば、
親は最初から「どんだけ悪いコトしたんだ!」と思っていた。

で、確かに悪いコトしたわけだ。
懲りずに何度もそんなコトをやらかすのが子供なわけだが。
つまらんことでいちいち体罰を与える必要はないと思うが、
(こんなコト言っちゃなんですが)子供って、時によっては
動物と一緒じゃないですか?
体で覚えさせないと、痛い目に遭わせないと理解できないっていう。

一番怒られた先生を恨むなんてありえなくて、
むしろ私なんかは卒業して〇十年過ぎたが、
今でもお付き合いしている。
怒られた時の悪事とか、今じゃ笑い話として話している。

今回のことだって、学校から全員支給のおやつが出ていて、
「それ以外のお菓子は持ってきてはいけない」と言われてたのに
持ってきた子が悪いに決まっている。
これは、私たちがよくやった(今じゃ世間でもネタになりつつあるが)
「バナナはおやつ代に含まれますか?」という毎度の質問みたいな、
どこからどこまでがおやつのカテゴリーなのか、という
曖昧な境界線ではなく、クッキリ・ハッキリしているではないか。

ついでに言えば、子供が勝手にお菓子を持参したのか、
それとも親が持たせたのか、いずれにしても、
問題があるのは家庭の方であって、
それが平手一発で済んだだけでもありがたいと思え!だ。

ところが、最近の親はそれが許せないらしい。
公共の場での最近の子供のウザさ同様、
そもそも親(=家庭)でロクに躾けもできないくせに、
学校や他人に向かって文句をつけるなんて、
ふざけんなと言いたい。

その上、躾けはしないが、虐待は増えるとはどういうこっちゃ。
要するに、親が親として機能していない家庭が増えてるんじゃないか?
「子育ては親育て」とかね、カッコイイ言い回ししたって、
世の中をざっと見まわす限り、実は成長してない親もたくさんいるんじゃ
なかろうか?

そんな奴らに「既婚・子持ち」だからって偉そうな顔されるのもイヤなんだよ。
政治家は選挙が近付くと(まさに今)、やれ『子育て支援』だなんだと
おべっか使ったみたいな政策をブチあげるけど、
マトモに子供を育てられない、躾けられないような親だったら、
専業主婦なんかやって他人の税金まで使わずに、
パートでもなんでもいいから働いて自分でカネ稼げよ!と、
イジワルな考えも浮かぶっちゅーの。

巷でロクでもない親を見かけるたびに、
「こいつらにバラまくために私らが増税されるわけか?」と、
本当に納得いかんのである。
言わせてもらえば、こーいう奴らは『社会的弱者』ではない。
単なる『社会の寄生虫』だ。

言葉が過ぎるかもしれないが、しょうがない。
「子ナシが偉そうに」と言われても、これは正直な気持ちだから
仕方ない。

産むだけなら動物だってしてますよ。
いや、動物だってちゃんと育てることもしますよ。

再三ここで言ってきた気がするけど、
世間に迷惑かけない、将来を託せるような子を育ててこそだろ。
そうであってこそ初めて『子供は国の宝』と呼べるのだ。

我が子可愛さに親バカになるのはいい。
だからって、子供産んだら天下取ったみたいに、
譲られて当たり前、許されて当たり前、優遇されて当たり前・・・
それは勘違い、単なるバカ親というものだ。
“親バカ”と“バカ親”、これらは字面は似ていても、
まったく異なるものである。

仮に『子供は国の宝』だったとしても、宝なのは子供であって、
あんたじゃないよ~!と、教えてあげなくちゃいけないのかしら?
子供というのは、水戸黄門の印籠とは違う。

だからこそ最近思うのは、子育て名目の助成金や手当は
使用目的を限定するべきじゃないかと。
確定申告の時に領収書出させるとか・・・
それをもって後で返金みたいな形で支給するとか・・・
だから、こないだの給付金みたいに、それが子供のため以外の
こと(デジタルテレビ買いました~とか)に使ったら横領ということで。
※こないだの給付金は、税金の還付みたいなもんなので、何に使ってもいいけど

随分と話がそれてしまったけど、
要するに、福岡の先生は処分されるほどのことなのか?ということだ。
ゴチャゴチャ噛みついたPTAもPTAだし、
そんなPTAに媚びへつらって処分決定した教育委員会も教育委員会だ。

どうやら先生は「感情に任せてやってしまいました」と、
シュンとしてるみたいだけど、それだって“言わされた”んじゃないの?
怒る時に一分の感情も入らないなんて、あり得ないよ。
だって、『怒る』という感情が既に存在していて、
それを表現するには、怒鳴る・殴る・蹴る・・・etcなわけだ。
面白いとか愉快だという感情の表現が、笑う・ニヤける・・・etcなのと同じ。

むしろ、怒ってるのに普通に話したりして感情を外に出さない人の方が
私は怖いし、気味悪いと思うけどねぇ。

ということで、私の友達がこんな『モンペア』だったら、
多分お付き合いからフェードアウトしちゃうだろうなと思う今日この頃。
[PR]

by gogofinland | 2009-08-05 22:15 | ぐうたらな日々Tokiossa