語学は継続なり

とは、まさにその通りだよなぁと、日頃から思うには思うのだが、
さっき隊長から久々に電話があって、改めて納得。

恐らく日常生活ではそんなに英語を必要としない隊長。
たぶん、英語で話す相手は私くらいなもんだろうと思う。
(私がヘタレ・フィンランド語で話したりしたら、きっと
その場で『フィンランド語教室・しかもスパルタ』になるに違いないから)

で、直接話すのは久しぶりだったわけだが、
これがもぉ、北欧訛り爆裂な英語だったので、
「なんですと!?」と聞き返すこと度々。

私のヒヤリング力不足は置いといてください。



いや~ぁ、ホントに語学ってマメにやってないといかんのですね・・・

それはさておき。

アルゼンチン旅の内容について聞かれ、
「ウルグアイに日帰りで行って来るつもりさ!」と話したところ、
初耳なネタを聞いた。

アルゼンチンとウルグアイのちょうど国境地域に、
フィンランドの製紙会社の工場があるそうだ。

へぇ~、そんなところに!
なんでも、木の育ち具合がフィンランドより早くていいらしい。

そんでもって、タンゴも見ようかな・・・なんて話をしたら、
「タンゴはクイック・クイック・スロー・スローだよ!」と、
妙に張り切る隊長。
しかも「今度AKIに教えてあげるよっ!!」

・・・って。
タンゴなんか踊れるんですかい?

確か、マリアたちのライブに行った時に、
ダンスさせられたけど、あの時はブインブイン振り回されっぱなし
だったような記憶があるんだが・・・(失笑)

「ホントに教えられるんかいっ!」って突っ込んでおきましたが。

そんなわけで、さすがに日本の政権交代はフィンランドでも
詳しく報道されていたようで、そのこともあれこれ話していた。

さてさて、そんな遠い国からも注目された政権交代、
これからどうなっていくんだろうねぇ。
[PR]

by gogofinland | 2009-09-02 21:25 | ぐうたらな日々Tokiossa