あれから8年

昨日は(現地はまだ今日だけど)『9.11から8年』。
N.Y.やペンタゴンで追悼式典が行われていたのでCNNで見たり、
関連特番をヒストリーチャンネルで見たりした。

あの日は真っ青に晴れ渡った快晴だったが、
昨日はどんより曇り空、N.Y.は雨だった。

式典のニュースの最中に速報で、ペンタゴン近くで警備隊が
ボートに威嚇発砲したとかいうのが流れて、「また事件か!」と
ドキドキした。

↑ 
同じ日にまた何かが起こること自体もイヤだが、
数日後にワシントンD.C.へ向かう身としては、
飛行機が飛ばないのも困る。



ヒストリーチャンネルの特番で、WTC周辺の一般人が撮影した
映像を色々流していたが、最初にノースタワーに飛行機が突っ込んだ
直後って、まだみんな深刻に受け止めてなかったというか、
あんなコトになってしまうとは思っていなかったのがわかった。

ビデオなので、撮影者はナレーション風にリポートしているのだが、
1発目直後はビル内で火災が発生しただけと思ってたり、
「あの高さだと、どうやって消火するんだろうね~?」とか、
「中の人たち、降りるのが大変だろうね~」とか、
結構悠長なコトを話していたりする。

「飛行機が突っ込んだ」と一報が流れると、
「まさか旅客機が突っ込んだ」とは思っていなかったりする。

地上でも情報が錯綜していて、「BA(ブリティッシュ・エアー)だった」とか、
「大型機だった」とか「いやいや、小型だった」とか、とにかくみんながみんな、
「自分はそれを見た」という主張の中で、色んな情報を交わしていた。

窓の外で助けを求めていた人が、力尽きて落ちていく様子を撮ってしまった人は、
「今何が落ちたの!?人間じゃないわよね?人間じゃないって言って!!」と、
同室者に言うのだが、相手が妙に冷静で「さっき舞ってた紙とは落ちる速度も
落ち方も違う。人間だと思う・・・」と答えた。
聞いた側が「違うって言って!」と絶叫し、相手は「あぁ、椅子かもね」。
・・・なんで片方はそんなに冷静なんだろう?

同じく、その様子を現場で救助作業の準備をしていたレスキュー隊員は、
苦々しく「くそっ、なんてこった!」とつぶやいて見ていた。

そんなコトはさておき、この事件でいつも疑問に思うこと。

ノースタワーに一機目が突っ込んだ後。
サウスタワーのノースタワー側にいた人は、状況を目にして避難しようと
したという、生存者の証言がある。
自分たちがいるサウスタワーにも起こる可能性があると感じたからだ。

「今のうちに、建物の外に出よう」
そう考えてエレベーターで降りたが、ロビーで警備員に「こっちは安全だから
オフィスに戻ってくれ」と言われて、また上階まで戻ったという。

そして間もなく二機目が突っ込んできたわけだ。

これって、完全に誘導ミスだよね?

何を根拠にサウスタワーは安全だと断言したのか。
もちろん、こんなコトが起きたんだから、慌てて外に飛び出したら、
それを待ち構えるように地上で何かが起こる可能性もあるが、
避難手段や所要時間などを考えれば、あんな高層ビルの上階に留まるよりも、
周辺の安全確認をしてさっさと全員外に出す方が良かったのではないだろうか?

そうすれば、少なくともサウスタワーの人間はほとんど犠牲にならずに済んだと
私には思えるのだが。
両ビルへの攻撃には約20分の間隔があったという。
日頃から避難訓練をしっかりやっていたそうなので、20分あれば、
上階の人はエレベーターor階段で、下階の人は階段で・・・と、
なんとか出ることが出来たかもしれない。

全員が外に出切らなかったとしても、20分で降りられるところまで
降りていれば、実際に飛行機が激突したような高さのフロアから
かなり離れた下階までは逃げられていたはずなので、
崩壊までには完全避難が可能だったと思う。
あのフロアは無人だったはずだ。

ということは、だ。
私の勝手な想像の上では、サウスタワーでの被害者は(乗客を除く)、
テロの被害者ではなくて、判断ミスによる人災での被害者なのではないか?

画面は度々切り替わり、タイムズスクエアでニュースを見る人たちの
様子も映る。
勤務する会社のオフィスがWTCの、しかもあの辺のフロアに集中している
サラリーマンは呆然としているし、「これだからN.Y.には暮らせないんだよ!」
と言う、国内観光客らしき人もいた。

「まるで“パール・ハーバー”みたいだな。朝でみんなが無防備な時に!」という
誰かの声がビデオに入り込んできたのを聞いた時は、正直ちょっとムっときた。

パール・ハーバーの件が良しとは思っていないが、
じゃあ、広島だって朝8時15分だぞ!と言いたい。
戦時中と(一応)平時の差こそあれ、無防備な朝にいきなり攻撃するのを
卑怯だと言うなら、広島だって同じだろう。
東京大空襲は?
今だって、沖縄の米軍基地から未明に飛行機を飛ばして安眠妨害してる
じゃないか。
協定で夜間の離着陸は禁止されてるのに、「昼間アメリカに到着したいから」
なんていう理由で夜中に飛ばすのは、攻撃じゃないからいいのか?

こんな時に、いっつもいっつも引き合いに出すのやめてくれ。
そもそも、朝じゃなかったらマシだったのか?いつだろうとダメだろ!と、
突っ込みたくなるし。

そんなわけで、いずれにせよ、犠牲者に罪はまったくない。
本当に気の毒でしかない。
御冥福をお祈りするばかりである。

多分、あの青い空と、2つの高層タワーの姿、
そして崩れていく様子を、なかなか忘れることはできないだろうな。
戦争を体験していない私には、あまりにインパクトがあり過ぎる光景だった。
[PR]

by gogofinland | 2009-09-12 11:37 | ぐうたらな日々Tokiossa