もしかして、ある種の痴呆かい?

もう、名前を言うのも面倒くさい人となった都知事が、
あれだけ2016年五輪立候補で大ひんしゅく買ったってーのに、
またもやドアホ発言をした模様。

広島・長崎が共催で2020年五輪への立候補したい旨があったが、
な、な~んと、東京まで便乗しようっていうからビックリなんてもんじゃない。

このおっさん、ある種ボケてきてるとしか思えないんだが。



都民として、そして東京オリンピックを知らない世代として、
そりゃ~東京で見られたら色んな意味で嬉しいなぁとは思うが、
(例:時差がない。ナマで見られる。なんだかお祭り気分・・・あ、コレだけか)
個人的に2016年はないだろ~よ!と思っていたし、
そんなコトに今のご時世で150億円も税金使われて怒り心頭だし、
そもそも、ただでさえ広島・長崎の2都市開催自体が、
前例および規定上難しい話だっていうのに、
なにゆえ距離的にもぶっ飛んだ東京まで加わるんじゃ~!

ホントに、意味不明。

一体なんでそこまで五輪に執着するんだ?

2020年なんて、いや、場合によっちゃ~2016年さえも、
あんた生きてないんじゃないの?

東京五輪が開催された場合の予想。

【亡くなっている場合】
息子・伸晃が遺影を持ってまで開会式参加。
そして息子は涙ながらに「父が熱望し、政治生命を賭けて招致活動した
東京オリンピックの開会式を、存命のうちに見せてやりたかったです!
(ここでちょっと涙で言葉に詰まる)でも、きっとあの世から見守っていると
思います!」とかなんとか、語っちゃう。
・・・とかいう展開。

【生きてる場合】
ヨボヨボ状態で息子・伸晃に車椅子を押してもらいながら開会式参加。
ものすご~くヨボヨボなのに、周りに支えられながら頑張って車椅子から立ち上がり、
会場のお客さんに手を振って拍手をもらい、あんなオレ様だった男が、
感動で目をウルウルさせている~!!と、周囲もウルウル。
・・・とかいう展開。

こーゆーとこまで狙って招致活動してませんかね?

どんだけオレ様なんだか・・・
要するに、自分の名誉、「オレが五輪を呼んだぜ」みたいな自己満足のため?
あんたの弟は確か『嵐を呼ぶ男』なんちゅー映画をやったけど、
あんたは『五輪を呼ぶ男』にでもなりたいんかい?

・・・って、パロディー狙いかよっ!

正直に言いましょう。
確かに私は初回にこのおっさんに投票しました!

が、支持して投票したわけではなく、元々大嫌いである。
この人が国会議員だった頃の危険ぶりがイヤで、
都政で引き取らなきゃ、また国政に戻ってしまうのではないかと、
都民がかぶってやるしかないかなぁ、見受けしてやるか・・・と思って、
あえて投票してしまったのである。

あれから月日は流れ、いまや日本はタイタニック状態、
こんなアホを飼ってるほど都民も優雅な暮らしをしてるわけではなく、
ましてや、日々起こるアレコレに耐え忍んで納めた税金を
呼べるはずもない五輪招致に湯水のごとく使われてしまうと、
いっそのこと、国政に戻りたいなら戻らせて(戻してもらえるかは知らん)、
トンデモ発言でも好きにさせて、どこぞの国のスナイパーにでも
狙われてしまえばいい・・・とさえ思う今日この頃。

辞任する気はないようで、当初は「次回は再選させないぜ!」と
思っていたのだが、これはもう、リコールという手段を取っても
いいんじゃないか?と思えてくる。

理由ならいくらでもあるさ。
新銀行東京の件、五輪招致の件、それだけでも、都税の無駄遣いやら、
それについての説明・釈明もないんだから、言いがかり的にでも
横領やら背任やら、ややこしい何かで都民がリコールをブチ上げるってのも
アリなんじゃないかと。

この人が都民のために何かやったか?というと、よくわからんし。

強い指導力を持つ、みんなに選ばれたリーダーというのとはわけが違う。
この人の場合は今は亡き弟の名前に釣られたオバちゃんたちとか、
ちょいとオレ様ぶりに勘違いさせられちゃった人とかに支持されて、
「オレって人気者♪このキャラがオレの良さ♪」と思い込んでるだけでは?

ある意味、新たな認知症の症状だったりしませんかね?

ということで、自分とこで五輪なんていう大イベントが来たら嬉しいとか、
「どんな感じになるんだろう?」とワクワクする人は少なくないはず。
でも、今回の東京のように、「今はその時じゃない」「それどころじゃない」という
冷静な判断をする人も少なくないはず。

それに、どうせ呼ぶなら、やっぱり大半の人が「呼ぼうよ!」
「来たらいいね!」と、前向きに盛り上がれる時の方がいいじゃないか。
そういう雰囲気だって選考の時に、多少なりともプラスになるだろうし。

今回については大反対だった私だって、2024年とか、2028年とか、
そいういう頃にこの国が落ち着きを取り戻し、自分が生きていて、
「祭りじゃ、祭りじゃ~♪」と思える状態ならば、招致活動を支持する。

とにかく、今は違うのだ。

ということで、誰かこのおっさんの暴走を止めてくれ~!
[PR]

by gogofinland | 2009-10-31 13:44 | ぐうたらな日々Tokiossa