必死

パラリンピックも終盤となっている。
そして日本人選手がメダルラッシュと言っても良いくらいの活躍である。
補助金も健常者の1/10、テレビ放送もほとんどされず、
そんな中であれだけ頑張れる選手の皆さんに脱帽である。

そして、春の高校野球も本日無事に開幕。

それはさておき、ここのところの私はアルゼンチンの人と
独学助け合いサイトでスペ語のやり取りをしている。





なぜアルゼンチン人限定でやってるかというと、
私が学びたいのがアルゼンチンのスペイン語だから!
本国スペインとはちょいと違う部分も多々あり・・・

日本で買える本は基本的に本国スペイン語だからね。
ま、文法とかほとんどの単語はそれでもいいんだけど、
ちょっとした言い回しやらは変わってくるので、
その辺を教えてもらっている。

でもね~、2行とか3行書くだけでも必死ですよ。(笑)

そんな状態なので、私の書くメールは非常に短い。
だけど、彼女たちはちょっと長めに書いてくれる。
これを解読するのも一苦労だったりする。

読み・書きはこれで多少なりとも練習になるとはいえ、
じゃあ、耳から入れる(=聴く)練習はどうするか?というと。

有難いことに、Fox lifeというチャンネルさんが、
デス妻のラテン版を放送していて、舞台がアルゼンチンなのである。
本家・デス妻は興味が湧かなくて観てないんだが、
こちらは“耳慣らし”のために観ている。耳をダンボにしながら。

不思議なのは、出演してるメインとなる俳優さんの数人は
私が何度も観まくった『Betty la fea』の面々なのである。
要するに、コロンビアの俳優さんたち。ちゅーことは、出張?

『Betty la fea』といったら、私をアルゼンチンへ引きずり込んだ番組。
コロンビアの番組でコロンビアが舞台なのに、
なぜかアルゼンチンへ向かってしまった自分に意味不明感ではあるが、
ま、とにかく!!
私を南米スペ語へいざなったのはこの人たちなのである。

Bettyの時に爆裂したオカマだった人が、めっちゃ男らしい男だったり
するのも面白いし。

う~む・・・
またアルゼンチンに行きたくなってしまうではないか。

最近、あちこちから「で、今年はどこに決めた?」と聞かれまくるので、
余計にちょっと焦り始めている。

もう決めて、しかも皆さんに発表しないといかんの?

あ~、分身の術があったらいいのにっ!
そしたら、一度に色んな場所に一気に行けるんだから。
[PR]

by gogofinland | 2010-03-21 14:10 | ぐうたらな日々Tokiossa