続・部屋探し

先日下見予定としていた部屋なのだが、
その前に近所だからと外観やエントランスを覗きに行ったところ、
どうも4Fまで家具を運ぶのに苦労しそうな狭い階段だったので、
ムリして引っ越すメリットを感じずにキャンセル。

あぁ、今回も部屋は見つからんのかもなぁ・・・
ま、今の部屋に大きな不満もないし、住民や管理人さんとの人間関係もいいし、
別にいいんだけど。

と、思ったところに。



私のワガママな希望の9割を満たす物件登場。
で、土曜日に下見するべく押さえることができた。

通勤時間は半分になるわ、駅まで徒歩1分(でも地下鉄なのでうるさくない)、
めくるめくテレビっ子の世界をいかようにも堪能できる設備の数々。
ネットも今と同じで光を使えるし。

これはなんとしてでも、よっぽどの難問がない限りは決めたい!
ということで、いざという場合に備えて、現ナマ握りしめて行って来るさ!

もうひとつ、ほぼパーフェクトな物件も登場したのだが、
地図で見たら、道路挟んでとーさん宅の真向かいだったので却下。
あまりに近過ぎると、何かと面倒だったりする。

ということで、第一候補の物件は、かろうじて1駅違うということで、
(とはいえ、道路沿いに徒歩10分圏内かも)良しとしよう。

ただ・・・

エントランスの写真を見たのだが、なんだか豪華。
一緒に見た同僚も「なんか高級マンションっぽいじゃん。家賃安過ぎない?
また“死人部屋でした”っていうオチだったらどーする?」と言うほど、
家賃に似つかわしくないほどのエントランスである。
いいのかなぁ・・・ちょっとビビリ。

似つかわしくないのは家賃だけでなく、私のような者が出入りしていいのか?という、
自分自身だったりなんかする。(恥)
[PR]

by gogofinland | 2010-04-08 22:08 | ぐうたらな日々Tokiossa