またか・・・

今度は5歳の娘を洗濯機で回したり、張り付けにしたり、
挙句に絞殺した母親ってのが出現。

ニュース記事を読んだが、読んでてホントに気分が悪くなった。
まさに『ヘドが出そう』ってのはこんな感じ?
そんなに長い記事ではなかったけど、想像したら可哀そう過ぎて。

いつでもこのテの記事は可哀そうで胸が痛むね。



5歳の子どもが言うこと聞かないからって、

手足をガムテで縛って、口をガムテで塞いで、洗濯機に入れて、
しかも水も入れて、フタ閉めて、回転させる・・・とか。

棚に両腕を開いて縛り付けて、両肩から水入りバケツをぶら下げて放置とか。

首を紐で縛って棚にぶら下げて放置とか。

頭おかし過ぎだよ!
まさに放送禁止用語の“キ”で始まる4文字だよね。

こないだは、生後1カ月くらいの赤ちゃんが泣きやまないからって、
バカい・・・じゃなくて若い父親がボコボコに殴る・蹴る・踏みつける・・・で殺したしね。

子ナシの私が偉そうに・・・とか言うなかれ。

私が子ナシなのは、こういうバカ親になったらいかんと思うからこそ、
絶対にならん!という自信が持てないからこそ、持たない選択をしただけである。
自分の子どもには絶対に『せっかん』とかしたくないし、怒鳴りたくもないからね。
だけど私は気性が荒い。
それがわかってるから、つまらんコトで「コラ!何やっとんじゃ!!」と
怒りんぼなママになりそうだから、子どもを持たないと決めた。
それと、バカな子に育ててしまったら、世間様にご迷惑になるからだ。
ある意味“分をわきまえて自重している”のである。

で、こういう虐待親。

いつも「しつけのつもりだった」だの、「死ぬとは思わなかった」だのと言い訳するが、
いつだったかアメリカで訴訟があった「だって濡れた猫をレンジで乾かしちゃいけない
なんて注意書き無かったじゃないのよ!」という逆ギレ裁判じゃないが、
おまえら、そんなコトをいちいち誰かに注意されなきゃわからんのか!ってなもんだ。

私が子どもの頃にありがちだったのは、家から閉め出すっていうやつ。
近所にしょっちゅう外に出されて、1~2時間泣き叫ぶ子がいたっけ。
団地の隣の棟なのに、我が家まで聞こえてきた。

で、いつもうちの両親は言ってた。
「あれは絶対やっちゃいけない。」と。
両親いわく、「家から閉め出すのと、ご飯を食べさせないのはやっちゃいかん」のだそうな。

だから私は幸いにも外に放り出されて放置プレイされたことはない。
悪さばっかりしてたから怒られるのはしょっちゅうだったけど、
大抵はお尻か太ももを平手で叩かれるパターン。

それはさておき。

子ども手当って、どうなのかね?

こんな親でも子どもがひとまず生きてるうちはもらえるんだよね?
あげる価値があるのか?

子どものために・・・と言うならば、親にあげるんじゃなくて、
こういうことからの保護や隔離、第3者による養育のための政策費に充てた方が、
本当の意味で子どもの命を守る役に立つんじゃないだろうか?
それと、不妊治療の補助金とかさ。

心のどこかで悪いコトとわかってても精神的に負けてしまう親のためにも、
虐待されても耐えてる子どものためにも、保護や隔離制度の充実は大事だと思う。

そういうことに使うんだったら、子ナシの私も社会の一員として子育てに一助を
なしているという気持ちになれるし、「あんな奴がもらって私には何もないんかい!」
という狭いココロも多少はおおらかになれる気がする。
[PR]

by gogofinland | 2010-07-14 21:34 | ぐうたらな日々Tokiossa