禁煙途中経過

禁煙外来受診開始から早3週間、完全禁煙から2週間が過ぎようとしている。

今のところ、薬のおかげか、吸いたいイライラもわかずに、
ふと気付けば「今日も1日吸わなかったんだなぁ」と終わる感じ。

そんでもって。



薬を飲んでいても、口寂しさやイライラが出ることがあると言われていたので、
そこんとこは覚悟していたものの、そーいうのは一切なし。
だから、そういう時をしのぐために買い込んだガムやらアメが
そのまま放置プレイになっている。あぁ、もったいない。

が、そんなコトより、な~んか手というか指が寂しい。
ランチの時、今までみたいに同僚が吸い始めると、
クセのように自分のタバコを手探りで探してしまったり・・・(^^;
指に挟んでいたモノがないんだから。

タバコを吸わない人にとっては当たり前なんだろうけど、
元・喫煙者にとっては、いつも吸ってた場面で吸わないというのは、
非常に“手持ち無沙汰”なのである。
なんか『手がヒマ』なのである。

これはちょっとした不思議な感覚である。

さてさて、幸いにも吸いたい気持ちと闘う必要が今のところなく進んでいるが、
ココで実験してみたい衝動にかられている。
毎日朝晩飲んでいる薬を飲まなかったらどうなるのか?
薬が切れた途端に吸いたくなっちゃうのだろうか?

でも、『魔の72時間』と言われる離脱期間はとっくに過ぎているわけだし、
我慢できないほどでもなかったりしないだろうか?

なんでそんな危険な実験をしたくなってしまうんだろうねぇ??
アホですな。

正直なところ、タバコを吸いたいとかじゃなくて、
薬を毎日朝晩飲むのが面倒くさくなってきたのだ。
元々処方された薬を最後まで飲みきったことがない人間なので、
コレが4月いっぱい続くかと思うと、既に面倒くささ全開。

誰か、こんなぐうたらの尻を叩いて下さいっ!
(って、別にSMとかじゃないよ)
[PR]

by gogofinland | 2011-02-18 22:49 | ぐうたらな日々Tokiossa