ネガティブ祭り終了

アルゼンチンからやって来たJ君との再会飲みの初回が、舞い上がった私のマヌケな初歩的ミスで『東京ラブストーリー』もどきになってしまったせいで、以降の約束ではやたら慎重になってしまった私。

J君から再三"Be positive!"と来日中言われ続けていたが、正直言うと『根拠の無い自信』に基づいたポジティブさが本来の私だったのに、ラテン気質のアルゼンチン人から見たらネガティブに見えるのか?大事な友人を心配するのがネガティブなのか?あなた私のこと何も知らないでしょ?と納得いかなかった。でも、説明するのも面倒臭くて黙って聞いてた。

やっぱり納得いかない!と、自分で自分という人間を再確認するべく、その手の書籍を色々読んでみた(というか、ザザッと斜め読みしてみた)のだが、やっぱりそこに書かれているネガティブ傾向の多くは私には共感出来ず、やっぱり自分は本来“そっち側”の人間じゃない!と思った。

でも、ある瞬間気付いた。




この数年、確かにパワー不足と“負の心”を感じていた。
明確な理由や対象があるわけでもなくなんだか面倒臭く感じたり、イライラしたり、切なくなったり。
あまりにカリカリし過ぎていて、ある時口喧嘩になった父から「AKIという人間は変わってしまったのか⁉︎」と言われてさらにキレたり。
同僚の軽い否定的な意見やからかいが自分を見下してるとか、バカにしてるとか感じられてムカついて、事あるごとに思い出してイライラしたり。

友達はみんな家族を持ったり、新たな恋を謳歌していたりしているのに、自分は何やってんだか…過去を振り返って、その時々に下した自分の選択が全て間違っていたに違いない、自分が持っていた価値観がおかしかったんだろう。
自分はこのまま1人で寂しく生きるんだろうな、歳を取れば取るほど相手にしてくれる人がいなくなっていくんだろうな…etc、そんなことばかり考えてへこんでいた。
言い知れない切なさやら寂しさやら孤独感を感じて悲しくて仕方ないのに涙も出てこない。

…きっと更年期ってヤツだと片付けていたけど、そうじゃない気がしてきた。
いや、そういうのもあるかもしれないのは年齢的に目を背けちゃいけないけど、周囲のネガティブパワーに気を吸い取られているような、そんな気もするのだ。

昔よく友達に「ため息は出しちゃった方がいいよ。悪いモノが出て行くんだから」という宗教かよ!的な自論を展開していた私が、ここのところため息すらつかなかったことにも気が付いた。
悪いモノが出て行ってない!そして、悪いモノが頭や心の中に溜まってるのに、吐き出さずに自分の中でグルグル循環させていた。

J君から説教されて納得いかない気分ではあったが、いつものごとくネガティブにグルグル考えてるうちに、元のオレ様に戻りたい!どう思われても自己チューで強気な自分の人生を取り戻したい!と、自分の心身の奥底から大きな声が湧き上がってきた。
「このネガティブ野郎、とっとと出て行け〜!ここ(私)はお前のいる場所じゃないんだよ!オレ様の貴重な時間を無駄遣いしやがって。(--#」という、ネガティブバージョンの自分自身に激しい憤りを感じたほど。

そうしたらいきなり心も体もすっきり軽くなって、周囲の人のネガティブパワーが跳ね返っていく感覚。あの懐かしい「かかってこい!オレ様が受けて立つ!」って感覚。

一瞬イラっときても「ま、こんなコト(人)もあるさ(いるさ)!」と即座に切り替えられたり、「(相手が)アホですな(笑)」でスルーできたり。
自分から人を誘える。(こないだまでは向こうから言われて…だった)
スペイン語のレッスンで、周りが気になって集中力がイマイチで、周りに下手さが丸わかりだと恥ずかしいのでハッキリ話せなかったりしたけど、昨日(月イチなんで)は先生とフリートークであっという間に終わった。
睡眠時間が短くなったが寝起きはダルくない。(それでも7時間は確保してる。今までが長過ぎ)&帰りの電車の中で寝なくなった。
長いことやってなかった『土曜の夜の“独りLIVEもどき”』で音楽を聴くこともやりたくなった。(そしてCDを引っ張り出して昨夜やった)
ニャンコ先生がいなくなってから生き物を飼うことに躊躇があって、いつもペットショップでワンコ&ニャンコを見るだけだったが、ネズミやモモンガも見に行って(そういう動物も扱ってることすら知らなかった)、店員さんに自分から色々聞いた。で、あのネズちゃんを飼おうかなと思ったり…
疎遠になった友達の近況など、聞くに聞けなかったが、知り合いに聞いてみた。(残念ながら行方不明)
LIVEの後、以前時々やってた1人でBARに行って一杯引っかけて、サクっと出て来るってのが出来た。周りが友達とワイワイやってても、自分は本当に一杯引っかけたかっただけだから気にならないし、その雑多な雰囲気が楽しいので寂しくない。

あ〜、楽チン。
やっぱコレだよ、コレ。
大したことない物事でも楽しい。
しかも、無理矢理自分を鼓舞させ奮い立たせようとしているわけじゃないので、本当にラクだし、何ら疑問を感じない。

そうしたら先週になって、一部の人たちから「あれ?なんか変わった?凄く表情がスッキリしてるね!」とか「痩せた?」(5kg減以降変わってませんが…)とか「なんか髪がツヤツヤしてるね」と、立て続けに聞かれた。
この間までの私ってよっぽどドンヨリ&モッサリしてたってことか?(^^;;

あ、別におかしなマインドなんちゃらとか宗教の話じゃないよ。(爆)

周囲のパワーに影響されるって本当にあるんだろうな。
で、自分の気持ちが外観にも多少なりとも影響するということもあるのかもしれない。

元々単純なだけなんだが、J君の若さと巨大なポジティブパワーをしっかり吸収出来た!という実感が確かにある。プラス、大好きな奈良でもパワーを貰えた気がする。
先月J君と一緒に奈良へ行って、ダブルでパワーを貰ったから強力なのかもしれない。そして半月ほど経った今、ネガティブタンクとポジティブタンクの入れ替え作業がかなり進行したようで、自分のパワーがぐんぐんチャージされている気がすることの充実感と言ったら!

なんて気持ちいいんだろう。
ネガティブパワーを浴びて、それを吸い込んで、吐き出さずに自分の中で循環させていたら、負のスパイラルに陥るのは当たり前なわけで。

単純だからこそ、どちら側でも波に乗ってしまえばどこまでも突き進むことが出来るのだ。特に『なんとかもおだてりゃ木に登る』的傾向の強い私の場合は。
だから、せっかく上昇気流にこの身の向きを合わせることが出来たと思える今、あとはその波に乗るだけ。
ただ、今の自分が昔の自分と違うのは、停滞してたとはいえ年齢を重ねた分、“オトナの波乗り”が出来るはずということ。
若さゆえの体力・気力・勢いだけじゃ乗りこなせない波も、今の自分ならもっと上手に乗れる。いや、そうでなければまったく成長してないってことだからね。

もしかしたら、ここ数年の負の時代も、脱皮のために必要だったかもしれない。
いわゆるバージョンアップのような。

前バージョンは、根拠の無い自信だけで勢い付けてたので、いわば天狗気味。周りなんてどうでもいい、自分の周りの景色など見えてないし、あえて立ち止まってまで見る気がない。ある時突然ポキっと折れれば奈落の底に落ちたような気持ちになってしまう。
新バージョンは、オレ様も生身の人間、ネガティブな気持ちもよくわかったし、オレ様は道のど真ん中を行くが、周りの景色の移り変わりも楽しみながら悠々と歩きたい。そんな感じ。

コレを宗教に例えたら、オレ様教における『旧約聖書』と『新約聖書』みたいな感じ?違うかな?(笑)

この勢いで本気で断捨離でもやりますかね。

Graciasだけでは足りないJ君へのお礼は、今年の夏旅の時にもうちょい上達させたスペイン語で言えるようにしよう。だから今は言わないでおく。驚かせてやる〜!(笑)

最後のネガティブ発言。
このJ君が恋愛対象に出来ない相手だってことが残念至極。
もったいないよなぁ、いいパワーいっぱい(勝手に)貰えて、しかもイケメンだっていうのに!
神様の意地悪!
やっぱり神は“オレ様”が一番だな。オレ様教の神はオレ様に一番優しいもの。
[PR]

by gogofinland | 2014-03-09 11:56 | ぐうたらな日々Tokiossa