レーザー脱毛について〜その2

というわけで、続きです。

まず、レーザー脱毛を決意した理由。
子供の頃からコンプレックスだった毛深さ。
根がグウタラな人間なので自己処理が面倒臭い。
自己処理にかかる時間や手間の割にはカンペキに程遠い。
サボったりテキトーだった時に限って目立つ何かがありがち。
処理グッズを永久的に買う不経済さ。
ワックスだと伸びてきてから次に処理出来るまでが中途半端。

…ま、主なところはこんな感じ?



これが、ムダ毛処理放棄という方向の決断になる人には、この話題は関係無いと思うけど。。。あまりいないだろうと思われ…大昔のヒッピーじゃないんだし(笑)

どうせ生やす気が無い場所、抹殺してしまいたい場所の毛なら、『より確実に、ラクに、出来るだけ長期間』無い状態を維持出来る方がいいに越したことない。

【費用の面】
私の場合、ワキは期間・回数とも無制限で¥5,000ほどで終わりまで出来るし、今回から行っている他の部位は1箇所1回¥3,000の都度精算で、部位によっては左右で1箇所扱いだったりするし、最初に部位を決めてウン十万払って(場合によっては回数や期限も決まってたりするし)…ではないので「無くすのやめた〜!」とか、経済的理由が発生してそれどころじゃなくなったら、いつでも行くのをやめられる。
それに、個人差というのを考えると、部位によっては効果が出る&達成感を感じる回数も個人差があるはずなので、自分で「これ位でいいな」と思えば何回目だろうと終わりに出来る。

【施術の面】
一番気になるのはやっぱり『痛さ』だろうと思うけど、これは本当に個人差と施術部位の違いが大きいからなんとも言えない。
ソ◯エなどのような電気脱毛器やワックス脱毛、毛抜き…そういうので抜いたことがある場合は、ある程度予測可能かもしれない。ただし、レーザーはそこで抜くわけじゃないので。
世間では、「輪ゴムでパチンと弾かれる感じ」と、よく表現されてるようだが。私が鼻下で感じたのはそんな感じと毛抜きでピッと抜いた感じの中間かな。
初ワキの時は、冬場に静電気がバチっときた感じだった。

【時期と部位の面】
一番大事なのは、開始時期かと。
「いつやるか。今でしょ!」(すいません、流行語大賞入賞作使ってみたかったとです)…とはいかない方がいい場合があるのがレーザー脱毛と受験勉強の違いでして。。。
日頃常に服で隠れる場所ならいつでも大丈夫だと思う。ただ、夏に水着になるというなら水着で隠れない場所は夏が終わって、日焼けが消えてからになる。
私もそうだけど、そうは言ってもムダ毛に意識が集中するのって、露出範囲が広がる(半袖とかノースリーブとか)服を着ることを考え始める頃になってしまうんだよねぇ。(^^;;

そういえば、中学の時にプール授業初日を前に、友人Mちゃんが前夜に「やべ〜!」とワキの処理をしたところ、久しぶり過ぎて手間がかかってテンパってザックリ切ってしまい、肝心のプールは『見学』になってしまった…という爆笑話があったっけ。
Mちゃんから見学の理由を聞いて以来、ワキ処理だけは年中無休にしとかないといかんな〜…と思った15の夏…(笑)

紫外線が少なくて、露出開始予定時期までにせめて2〜3回施術を済ませておける位の時期が一番いいかなと個人的に思うのだが、この施術2〜3回=大体4ヶ月〜半年分逆算しておく必要があるので要注意。最初は2ヶ月おきくらい、その後4ヶ月後くらいの施術頻度なので。
だから、夏に露出するなら前冬、出来れば前秋の終わりには始めた方がいいと思うよ。私みたいに、春の陽気に誘われるのでは遅いのだ。
だから今回慌てて腕と顔に変更したわけ。とりあえず次回施術は6月なので、真夏までになんとか2回目、9月のアルゼンチン行きまでに3回目が出来るから。頑丈なワキの毛でも3回やったらほとんど伸びて来ず随分減ったので、ウブな顔の毛はもうちょい薄くなり易いかと。

9月のアルゼンチンは春だけど、晴れると陽射しが物凄く強くて真っ黒に日焼けするんだよねぇ。いつも帰国後に「焼けてる!黒光りしてる!(爆)」って指摘される。意外と気温が上がったりして、半袖になっちゃうこともあるし。

今年は日焼け止めをガッツリ塗って過ごさなくちゃ。
[PR]

by gogofinland | 2014-04-06 12:28 | いまさら美活動