う~む・・・(--;

フィン語の勉強をしてて困ることがある。
「一旦英語にしないとフィン語が出てこない」ことだ。
今週から日本語で書いてあるフィン語のテキストを開始したのだが、作文の小問題で
勝手に脳みそが英訳してしまう。日本語とフィン語が直結しきれていないのである。
・・・と、いうことは超ブロークン英語から出てくるフィン語なので、フィン語も超ブロークンになりはしないだろうか?と心配になってしまった。
多分、今までずっとフィン英のテキストと辞書を使っていたせいなんだと思うので、日本語のテキストを2冊終えれば、日本語からフィン語を思いつくようになるとは思うんだけど・・・

さて、こないだ買ったサスペンス本、フィン語の勉強に時間を使ってしまって10ページくらいで放置していたのだが、昨日人間ドックの順番待ちの間と夜寝る前で読み終わってしまった。
が、これがね~・・・サスペンスってほどミステリアスな事件がない。ぶっちゃけ578ページの2/3は恋愛ネタ、エロネタである。しかもエロネタがすっごく濃い!間違ってエロ小説買っちゃったかと思うくらいだ。(爆)
この本をもし映画化したら、絶対成人指定だぞ。
[PR]

by gogofinland | 2005-10-27 21:33 | ぐうたらな日々Tokiossa