恐るべしスペイン語

午前中にパラパラと金曜日に買った『指さしスペイン語』を眺めた。
私にとっての鬼門発見。(別に覚えようってわけじゃないのにビビる)

1. Rの発音が巻き舌!!フィン語で苦しんでいるというのに・・・
2. 女性名詞と男性名詞がある!大学時代の仏語でブチ当たった苦い思い・・・

ちゅーわけで、フィン語にしといて良かったね・・・と、自分を慰めてみる。



でも、フィン語よりいいなぁと思うのが、
1. Rの巻き舌ができなくても相手はわかってくれるから気にしなくてもいい
2. 語尾変化がわからなかったら原形で良い。主語さえ間違わなければ
   相手はわかってくれる
3. とにかく細かいことは気にせずにハッキリ元気よくしゃべればいい

やっぱ私にはこっちの方が向いている気がする。
お得意の「気にしない、気にしない」でも許される外国語。
なんて優しいんだ!(笑)

スペイン語に惹かれたのは、ハッキリ・クッキリ元気よくしゃべっている
ような感じを受けるというのも大きい。
なんだか太陽が似合うね!という言語である。
仏語みたいになんだかモジョモジョしたみたいなのは、どうも性に合わない。

スペイン語圏って治安的に怖いところが多い気がするのは気のせい?
南米もそうだし、スペインだって噂には尽きない。
でも、今までスペインに行ったことがある友達は「全然大丈夫だったよ」と
言っていたので、一度パエリアを食べに行きたいなぁ・・・などと考えていた
のだが、先週取引先の担当者が「バルセロナで殴られました・・・」と言った。
強盗である。

サグラダファミリア見たさにバルセロナに単身飛んだ彼、突然大男たちに
囲まれて、ビビる間もなくいきなり殴られ、バッグごと持って行かれたんだ
そうな・・・
怖いよ~ん(;;)
噂ではマドリードの方が危ないって聞いてたけど・・・

比較的安全な北欧しか知らない私には想像できない世界である。
イタリアじゃローマで日本人を侮辱しながらツバを吐きかける輩がいると聞くし、
スペイン・マドリードは力ずくの強盗の話をよく聞くしねぇ。
フランスだったか、日本人女性が駅のホームでレイプされて、誰も助けてくれ
なかったという話も聞いたことがある。

恐ろしい・・・(--;
[PR]

by gogofinland | 2006-03-12 14:22 | ぐうたらな日々Tokiossa