九州って・・・

ここのところ、Kieloさんのとこで九州弁について語っていて
思い出した話。

常々疑問に思っていたのだが、九州の人ってどうして『九州』ってだけで
あんなに連帯するんでしょう?
職場でも、学校でもそうだったんですが、県は無関係で「お?九州?」で
一気に『仲間』。不思議だぁ・・・



それは真の九州出身ではない私にすら降りかかることがある。

たとえば、まだ20歳そこそこの頃、引っ越したばかりのアパートに
管轄の交番のお巡りさん(2歳くらい年上)が『住民カード』を持って来た。
実家とか、本籍とかを書くわけだが、私の本籍(=AKIパパの出身)を
書いた途端に態度急変。同県出身者だって。

「いや、これは単なる本籍でして・・・」と説明しても、お巡りさんは既に
『同郷モード』全開。
挙句に「うちの交番の○○(私と同い年らしい)って知ってる?」
・・・って、知らないってば。(--;
んで、「今度交番に遊びに来なよ」とか「パトカーに乗せてあげるよ」とか
「非番の時に遊びに行かない?」とか・・・etc。
その後電話がかかってきたりして迷惑した上、この時出した住民カードは
交番に提出されていなかったのである。(勝手に保管すんな!)
何を隠そう、子供の頃からずっと警察官になるつもりでいた私。
こいつのせいで止めたと言って過言ではない。
だって、警視庁に入ったら同じ配属になる可能性だってあるんでしょ?ウザい。

AKIパパにも妙な逸話がある。私には理解不能な流れである。

まだ私が生まれたばっかの頃、若かりしやんちゃなAKIパパ、
ある日六本木の路上で大喧嘩をしたらしい。
お互いのグループが武器(?)を持っての喧嘩(ってゆーか乱闘?)の最中に
相手のリーダーっぽい人の訛りに「ん?」と思い、わざわざ喧嘩をストップして、
「ちょっとタイム!あんた九州か?」と聞いたそうな。
相手「○○県だ。それがどうした!」
とーさん「オレは○○県で、こいつ(=仲間)は○○県で、こっちは○○県だよ~」
相手「え?そーなの?こいつ(=あちらの仲間)も○○県だよ~」
とーさん「九州の仲間同士で喧嘩なんかバカらしい。水に流そう!(^^)」
相手「そうですね~(^^)」
・・・で、終わり。

・・・って、そんなのアリですか~ぁ!?(@@)
その話を聞いて、私が「九州ってだけで乱闘が終わるもんなの!?ウソだ!」と
言ったら、「九州人同士っていうのはそーゆーもんなんだよ!」だって。
以降、どうなったかというと、路上で会ったらBaby・私をあやしてくれたりとか、
一緒に飲みに行ったりとか、一体あの乱闘寸前騒ぎは何だったの?である。

他府県出身者から、こういう話を聞いたことがない。
もしかしたらここまで極端でないにしろ、多少の連帯感はあるのかもしれないけど。

でも、私まで巻き込むのはどうか?
私は生まれてこのかた南関東から出て暮らしたことがない。
九州なんて片手で足りる程度しか行ったことがない。
それなのに、「○○って店知ってる?」とか聞くのはやめていただきたい。
あと、九州の番組がやってるとか言って電話をかけてきて「見ろ」と強要する
とーさんもカンベンしてくれ。他のテレビ見てるんだってば。
ちなみに、見ろと言う理由は「九州の血を引いているのに、九州のことを
知らないとは恥知らずな!」である。どーゆー理論じゃ。
[PR]

by gogofinland | 2006-03-21 23:26 | ぐうたらな日々Tokiossa