男のくせにっ!

・・・と、思う光景を最近見ることが増えた気がする。
今日、帰りの電車で私の隣に座った若い男(学生風)がそれだ。
そいつは彼女連れだった。
が、私が一足先に席に座ってしまい、ひとつしか空いてなかったのだが、
な、なんと、そいつは自分が座って、彼女を立たせていた。
しかも降りるまでずっと。

オマエなぁ、彼女に座らせてやれよ!
別に怪我してるわけでも、具合悪そうなわけでもない。
とりあえず、彼女のバッグは持ってあげてたけども、
そーぢゃないだろっ!(--#

まったく、最近の若造はどうなっとるんじゃ。
ってか、私は思った。女も「こいつ、どーなの?」と思わんのか?と。

あと、時々目に付くのが、道を歩くときに自分が車道側を歩かないということ。
ガードレールなどがなく、すぐ真横を車がすり抜けるような道なのに、
彼女に外側を歩かせて、自分は建物側を歩いている。
ぶっちゃけ私はそんなのどーでもいい派だが、そうはいっても相手が
「危ないから内側に・・・」と気遣ってくれればやっぱり「お?」と思うものだ。
私のオレ様ぶりに殺意を抱くことも多々あったらしい(まぢで)元カレ連ですら
ちゃんとそのようにしてくれていたのだから。

私は思うのだが、彼女にそういう気遣いができない男は、
きっと自分の子供にだって無限大で愛情注げないんじゃないかと。

その他に、こないだ電車の中で見たカップルのケース。
『優先席付近では携帯の電源を切ってください』
『その他の場所でも通話はご遠慮ください』
というアナウンスの最中、優先席斜め前(ちゅーてもほとんど目の前)で
メールを打ち始めた男。
彼女が「優先席の近くでは電源を切らないといけないんだって」と
軽くたしなめたのだが、なんと、この男・・・
「付近っていうのは目の前だろ?ここは切らなくていい場所なんだよ。
日本語理解できないの?バカだなぁ。」

バカはオマエだろっ!(--#
こいつこそ日本語が理解できてないよ!
もぉ、ホントにホントに、このオバちゃんは彼女に言いたかった。
「バカがうつるから別れなさいってば」

そんな奴で本当にいいのか?女子たちよ。
歯が浮くようなクサイ台詞を恥じることなく口に出せることよりも、
日々の小さな気遣いで愛情感じる方がいいと思うんだがな。
毎度「I love you」を言ってくれるとか、人前でもチューしてくれるとか、
エッチがうまいとか、カネ持ってるとかの前に、他にあるだろ~?

ニッポンの日没はもうすぐですたい!(--;
[PR]

by gogofinland | 2006-05-02 21:35 | ぐうたらな日々Tokiossa