恐怖

たまたま見たヒストリーチャンネルで、チャップリンの
バイオグラフィーがやっていた。
実は特に深い意味もなく子供の頃からチャップリン好き。
まあ、恐らくAKIパパの影響だろう。テレビでやるたびに見せられた。

それはさておき、『黄金狂時代』の中でドタ靴を茹でて食べるシーンが
あるのだが、あれがリコリスで出来た靴だと今日初めて知った。
リコリス・・・(--;

そう、呼び名は違えど、要は恐怖の黒い食べ物・サルミアッキと同類だわさ。
それを、あんなにムシャムシャ食べるとは、やっぱ外人はあの味に慣れて
んのかねぇ・・・と思った。

これまた今日初めて知ったが、リコリスには下剤作用があるんだそうな。
何百テイクも撮り直したそうで、チャンプリン、一緒にそのシーンに出ていた
俳優さん、2人してトイレに駆け込む状態だったそうだ。
下剤作用・・・(--; やっぱ恐怖の食べ物じゃん。

ってことは、フィン人に便秘はないのかね?つーか、みんな下り系?
それとも慣れてしまえばただの整腸剤くらいにしか感じなくなるんだろうか?

よし。去年は買ってこなかったが、今年また職場への土産で買って帰り、
便秘に悩める女性陣に「これを食えばスッキリ出ますぜ」と言ってみよう。
あ、ちなみに私はほぼ便秘知らずだから、これ以上は結構です。(^^;
(欧米の)旅先で便秘に悩まされた場合は、走ってリコリスを買いに
お菓子屋さんに走りましょう!!
[PR]

by gogofinland | 2006-06-03 23:21 | ぐうたらな日々Tokiossa