まずは学士を・・・

今日、偶然見つけたんだけど、大学中退者などが学士を取れる制度が
あるそうだ。

数単位残してリタイヤした私。
(ぶっちゃけ言うと、フランス語と卒論の分だけっす)
たかが数単位のために、大卒ではない「オマエって奴は・・・人生」である。
同じ大学出身の同僚たちに「なんでそれっぽっち残すかなぁ!?」と
呆れられているわけで。

詳しいことは願書やら何やらが届いてからだけど、
専攻していた分野の論文だとか、面接だとかをした上で、
審査されて合格すればハンディを取り戻せて、学士を取れるんだって。
編入して大学に通う余裕は金銭的にも時間的にも今はムリなので、
これは非常にありがたい。
お金と時間ができたら、別の学部に編入して歴史とかを勉強したいもの。

ダメ元じゃ。応募してみるっす。



いや、あの頃は「別にいいや、高卒でも」と思ったが、
はい、ハッキリ言って負け惜しみっす。(--;

転職しようとなると、やっぱ微妙に違うんだよな。
「とりあえず成績表見てよ!」と言いたいんだが、
世の中、成績表を見てもらうためには卒業してなきゃいかんのよ・・・と。
幸い、今までの職場はなぜか「大卒扱い」として受け入れてくれて、
給料もそうしてくれてるんだけど、これはコネだけで生きてきたから。

それよりも、今になって「もっと勉強したいな」と思うことも多く・・・
そんなもんなんだよね。若い頃ってどーにでもなりそうな気になってるけどさ、
意外とオトナになってから「あの頃やっときゃラクだったのに」ということが
結構出てきたりして。

そんなわけで、まずは願書を取り寄せるっす。
すべてはそれから。
[PR]

by gogofinland | 2007-05-20 22:30 | ぐうたらな日々Tokiossa