状況変わらず

↓のおまとめレスになりますが、皆さんメッセージありがとうございました。

ニャンコ先生、相変わらず食欲ゼロのようです。
無理矢理スポイトで流動食を口に入れてますが、
それもほんの一口しか食べてくれません。



多少痴呆が始まったかもしれないと言われたし、
(具合が悪くなってから、たまに鳴くんで)
今朝は出勤前にオムツをして出かけました。
まぁ、食べないし、飲まないので出るものは無いでしょうけど、
ボケが進んでしまうとトイレの場所も忘れるらしいので、
安全策です。
元気がないのに、おむつをする時は結構抵抗してました。
一応、その辺のプライドはまだあるのかな?

とはいえ・・・
部屋に排泄されるのは困るというのもありますが、
私が帰宅するまでそんな部屋の中にいさせるのも
かわいそうですからね。

・・・が、帰宅したら脱いじゃってました。(^^;
ニャンコ先生用トイレの前にコロンと転がってましたよ。
どうやら脱いでいつものようにトイレでやったみたいです。

本当に日に日に・・・という感じでガリガリになってきました。
ヨロヨロで歩くのも大変そうだし。
ひたすら眠ってます。

縁起が悪いとは思いますが、昨日のうちに近くのペット寺院と、
ペット用の火葬業者を見つけました。
役所に言えば引き取ってもらえるらしいのですが、
あくまでもゴミ扱いみたいなようで、火葬(というか焼却?)するだけ
のようなのです。
さすがにそれはかわいそう過ぎるでしょう?
ちゃんと天国に送ってあげないと。

ネット相談室みたいなところで、飼い猫が同じような状態になっている人が
いました。そこの猫ちゃんはまだニャンコ先生の半分くらいの年齢のようですが、
エサも食べず、水も飲まず、ひたすらぐったり寝ているだけだそうです。
比較的若い猫ちゃんですらダウンしてしまう今年の夏ですから、
ニャンコ先生くらいの年なら仕方ないですね。人間なら90歳超えてますもん。
人間だって高齢者が亡くなってますし。

そんなわけで、旅日記はもう少しニャンコ先生が落ち着いてから
じっくり書くことにします。
楽しみにして下さっている方、いましばらくお待ちを!
[PR]

by gogofinland | 2007-08-27 22:17 | ぐうたらな日々Tokiossa