テレビっ子・テレビ大国へ~その16

朝6時。
あっという間に爆睡し、ぐっすり眠ったせいか、目覚めスッキリ。
でも、鏡を見たら目が真っ赤。

1Fのカフェでコーヒーとクロワッサンを買い、エンジェルの再放送を
見ながら軽い朝食&準備。
あれよという間にチェックアウトの時間。

迎えの車がやってきた。
他のホテルでピックアップしたおばちゃん2名が先客。
NYの町並を名残惜しく眺めながら空港へ向かう。
もっともっとのんびり歩きたかった。



道路が意外と空いていたので、予想より早く空港へ到着。
まだチェックインカウンターも空いていたので、チェックインもすぐ終わった。

帰りはEXIT ROWの窓側ゲット。

他のカウンターでトラブル発生。
警官がドカドカ走って集まってくるので、周囲はざわめく。
航空会社の人たちの会話を盗み聞きした結果、
とあるツアコンが、ロスト・バゲージ対策として、
預けた荷物を写真に撮りまくったのが騒ぎの原因らしい。
「空港で写真撮ったら捕まるよ」っていう注意を聞かなかったのかしら?
ツアコンなのに。

出国のイミグレがない。
セキュリティチェックを通ったら、そのまま免税エリア&ゲート。
屋内は喫煙禁止、喫煙所もない。
・・・と、聞いていたのでホテルで吸いダメしておいたのだが、
なんと、新事実判明。

ニューアーク空港未体験の喫煙者の皆さん、朗報です!
その都度セキュリティチェックを通りさえすれば、
何度でも外の喫煙場所に出られます。

ちゃんと免税SHOP&出発ゲートエリアから外への出口が
セキュリティチェックの隣にあって、出る時はノーチェック。
で、一服して戻る時にまたセキュリティチェック側から入る。
それだけです。

成田では引っかからなかった、サンダルのストラップの小さな金具が
チェックで引っかかる。
それだけ厳しいといえば厳しいのだが、喫煙のために何度でも
外に出られるっていう状態、なんかマヌケな気がするんだけど・・・?
それと、同じストラップが成田で引っかからないってのもいかがなもの?
これじゃぁ、アメリカで厳しくしたって、とりあえず日本から飛び立てるわけよね?

そんな矛盾を感じながら、免税店へ。
喫煙者の強い味方、免税たばこ。
もちろん成田でも買ったけど、帰りも買おう。
・・・と、帰国後よくよく計算したら、アメリカじゃ免税金額だろうけど、
日本で普段買うのと値段が同じだった・・・(--;
日本だと1,000円も安くなるってのに。次回は帰りには買わない。

2時間以上前に空港に来てしまったので、ヒマでしょうがない。
何度も外に出て、何度もセキュリティチェックを通って、
ようやく搭乗時間。
ほぼ満席で、隣の席は白人の母と息子。

息子は20歳くらいと思われるのだが、この母子、妙にベタベタしている。
「愛人!?ツバメちゃん!?」と思ったが、しばらく観察していて思った。
恐らく知的障害がありそう。だから体はデカいが心は子供なのだ。

問題解決で、あとはひたすら爆睡。
往路と違って機内食のマズさといったら、もぉっ(><)
これが“アメリカン・テイスト”なんですね・・・
ほとんど食べずに寝まくった。

13時間も乗った感覚ナシであっという間に成田着。
荷物は最初に出てくるわ、イミグレも空いてるわで、すぐに外へ。
蒸し暑い・・・(--;
これぞ日本の夏。

今回は駆け足旅な上、天気にもいまいち恵まれなかったし、
なんだか怖くて好き勝手に歩き回ってそこらの店に入ることも
できなかったけど、次回は1週間くらい滞在して、まったり旅をしたい。
端折った場所もたくさんあったし。
ユニオンスクエア近辺とか、チェルシー・トライベッカなんかは
今回省略したからなぁ。

次はもっと楽しい旅にしようっと。
[PR]

by gogofinland | 2008-03-09 14:37 | 2007 U.S.A(New York)