ゴミ捨ても一苦労

環境のためなんでしょうが、この4月からゴミの捨て方が変わり、
仕分けがいちいち大変っす。

今までは「燃える」か「燃えない」か「缶・ビン」か・・・だけだったのに、
同じプラスチック製品でも燃える物として出すものと、
燃えないものとして出すもの、そして資源として出すもの・・・って、
この少ない脳みそには覚えきれないルールだらけ。



一番難しいのがプラスチック物。
汚れが取れなかったら燃えるゴミで、
汚れが取れたら資源ゴミ。

お店で買ったお弁当などについてるラップは資源ゴミで、
家で使ったサ〇ンラップは燃えるゴミ。

・・・その他もろもろ。
つーか、この分類方法ってどんなもん?
↑みたいな基準で自己判断させられると、
面倒くさいからなんでも燃えるゴミ(=回収日が多いので溜まらない)に
出しちゃう人が出て、意味無いのでは?

で、早速今夜悩んだものがひとつ。

乾物に入っている乾燥剤って、どの部類に入るのだ???
燃えないゴミかなぁ?と予想しているのだが。
実は燃やしてもいいのかな?

う~む。難しい。
[PR]

by gogofinland | 2008-04-03 23:01 | ぐうたらな日々Tokiossa