ケチつけるのはナンですが

昨日だか一昨日だかに乗った山手線は
シンガポール航空のエアバス東京路線就航のPR電車だった。

車内広告から車内のPRモニターで流れるPVが
すべてエアバスの豪華絢爛さのPR。



個室があって、ビジネスでもフルフラットで・・・
フィンエアーのビジネスUPだけで挙動不審になってしまう
私のような貧乏ツーリストには、恐らく一生(自腹では)ご縁のない世界。

が、乗ってる間に繰り返し流れるPVを見て疑問が。

なぜ乗客役はすべて白人

「日本にもエアバス飛ばしてまっせ!」
「金持ち日本人(=私を除く)の皆さん!シンガポールへお越しの際は
このめくるめくビジネスorファーストorスイートルームへ!!」
・・・etc、そーゆーコトをアピりたいんだよね?

シンガポール―東京路線のPRなら、妄想を高めやすいように
乗客は日本人(予算合わなきゃ、それっぽいアジアン)に
しておけばいいのに。

なんだったら私が出てもいいんだぞ。
豪華過ぎて挙動不審になっている私を、優しいFAのおねーさんが
「お客様、おくつろぎ下さい」と、諭す・・・というような・・・
で、最後に私「不慣れな私でも、すっかりリラックス♪」と満面の笑み。
ど~ぉ?ど~ぉ?
なんとなく親近感湧きません?「私にも乗るチャンスあるかも!」って。

やっぱり、日本人相手には、白人だと見た目も美しく見えて、
豪華さ加減にゲタを履かせられるということなのか?

ケチをつけつつも、結局は羨ましいだけなんだけどさ。
個室なんか、本当に興味津津。
[PR]

by gogofinland | 2008-05-31 22:19 | ぐうたらな日々Tokiossa