今さら“SATC”

SATC・・・略すとすごく短いし、奥ゆかしい乙女でも大声で言える
名前になるが、ご存じの通り『SEX AND THE CITY』である。

なんだかんだと情報が錯綜したものの、結局オリジナルメンバーで
映画化されて、間もなく公開の模様。

私は本放送されてる頃にはあんまりピンと来ず、見ていなかったのだが、
終わると聞いて最終回間近で見始めた部類だ。
で、最近になって映画公開直前なせいか、LaLa TVで全シーズン
ぶっ通し・ベルト放送されていて、改めて第1シーズンから見ている。
ちなみに、WOWOWでも映画公開記念とやらで、近日、字幕版で
全シーズン一挙放送するそうな。



これは私の推測&自分だったらやるだろう・・・な話だが、
女友達数人集まったら、きっと「誰がどのキャラっぽいか」と
あれこれ考察するんじゃないか?と。

言わずとも、私の憧れはサマンサになる。
いや~、あんなに豪快にエロを突き進めるなんて、
かっこいいっす。(賛否真っ二つになるタイプでもあるけど)

思考回路が単純にして稚拙な私の脳みそは、
去年N.Y.を歩きながら、目に入る現地女性すべてを
妄想レベルでSATCキャラに仕分けようとしていた。

・・・が、なんとな~くシャーロット臭がする女性は発見したものの、
(どんな“ニオイ”だ!?)サマンサはおろか、ミランダすら見つからない。

それに・・・

キャリーみたいな恰好で歩いている女なんていないじゃないか!

よくよく考えてみれば、あのドラマは本当に現代N.Y.女性の姿を
映し出しているものなのだろうか?
N.Y.女性が共感したのは一体どこなんだろう?

生身のN.Y.をよ~く知らない私のような外国人は、
N.Y.女性がこのドラマに共感していると聞いたら、
あのキャラたちがN.Y.女性のタイプを大まかに4分類する象徴に
思ってしまうのではないか。

じっくり見ていると、私の価値観ではキャリーって結構イタい女だし。

所詮、TVはTV、ドラマはドラマ、作り物の世界である。
一般的な日常生活に起こりうる出来事をデフォルメしてこそ、
TV的&ドラマ的には現実感を増すものなのかもしれないなぁ。

とはいえ、このドラマ私は嫌いじゃない。
4人のデフォルメ・キャラが発するもののデフォルメされる前の
部分はみんなが普通に持っているものだろうから、
デフォルメしてもらったことで、妙にスカっとする。
「ここまで突き抜けたら、モヤモヤしないんだけどねぇ」という感じ?

ま、私にとっては、たった一度の短い滞在ながら、去年歩いたN.Y.の
街が懐かしく思えるだけでも見る価値あり。

私、結構N.Y.が気に入ったみたいだ・・・と、最近思う。
[PR]

by gogofinland | 2008-06-08 15:49 | ぐうたらな日々Tokiossa