カテゴリ:2005 Finland( 43 )

リンクを少し貼りました

ガラス工房や森歩きの場所のHPが、持ち帰ったパンフに書いてあったので、各日記にリンクを貼りました。
残念ながらキャンプ場はHPがないみたいだなぁ・・・私が作っちゃおうかなぁ。(笑)
[PR]

by gogofinland | 2005-10-16 13:54 | 2005 Finland

写真について

アルバムサイトにアップしたのですが・・・見れません!!
ってか、アップはされてるんですが、公開の仕方を間違っているような気がする。
でも、何をどうするんだか忘れちゃった上、FAQ見るのが面倒だしぃ・・・ということで、各日の日記に、いくつか載っけることにしちゃいました!ははは。横着。

でも、アルバムと日記が別々よりも、こっちの方が雰囲気わかるかなぁと、次回からこの手法で行くことにするっす。
んで、過去の旅写真も、ちまちま日記にくっつけていくことにしますんで!!

「もう旅日記は読んだよ~!(--#」とお思いでしょうが、まあ、そこはぐうたらな私のやることとして諦めてください。m(__)m
[PR]

by gogofinland | 2005-10-15 12:03 | 2005 Finland

楽しかった!

今年の旅は今までとちょっと違う。Mの家に泊まったり、フィン人の休日を過ごしたり・・・1日中歩き回って、あちこち行って、東京で運動不足な毎日を送る私は毎晩ヘトヘトで、泥のように眠る・・・という感じだったけど、とにかく今までで一番楽しかった。

Mとのことは本音を隠し過ぎて進展しなかったけど、まあ、それはそれでいいや。

去年と違ってお天気が比較的良かったし、ホッケーも見れたしね。

来年はどんな旅になるのかなぁ?1年に1回なんて待ちきれない気分。
[PR]

by gogofinland | 2005-10-07 23:33 | 2005 Finland

そして帰宅

いつもお昼過ぎになってしまう帰宅だが、1時間早いのでらくちん。

家に着いて玄関先で「ただいま~ぁ!」と言ったが、AKIパパもニャンコ先生も出てこない。
ちっ、なんなんだよ、おい。と思いながら、意地になって「ただいま~ぁぁぁぁぁ!!」と叫びながら部屋の中に行くと、AKIパパは台所でお料理中。ニャンコ先生はベッドの上で寝転がって、顔だけこちらに向け大あくび。

ニャンコ先生ってば、今年はなんだか冷たいんぢゃないの!?いつもだったら足音聞いて、玄関先で待っててくれてるじゃん!!シカトかよ。呼んでも知らん振り。

お土産を渡して、軽く旅の話しをし、ビジネスクラスの姫気分を話し・・・ビジネスで配られたアメニティセットなどを見せたら、フィンエアー靴下と小さくて可愛いフィンエアー「ソルト&ペッパー」を「これ、パパにくれっ!」と、AKIパパに奪われた。しかも、帰る時にその靴下を履いて帰ろうとしたので、「それ、まだ暑いんじゃん?寒くなったら履けば・・・?」と言ったら、「う~ん、そうだなぁ・・・ちょっとまだ早いか」とバッグにしまっていた。
そんな、早速履かなくても・・・(--;

AKIパパが「ひじきご飯」を大量に作ってフリージングしておいてくれた。夜ご飯に食べたが、ウマかった。

ちょっと焦ったのは、残された空き瓶を見た時。九州男児ゆえ、酒飲みではあるが、空き瓶の量はいいとして、その中に『ホッピー』の瓶を1本見つけた瞬間、ビビった。
だって、それは私がMにお土産で持っていったのと同じのだったんだもん!しかも、AKIパパは普段ホッピーなど飲まないのに!である。なんで突然ホッピーなんか私の家で飲んでるんだ!?変なカンとかじゃないわよね?と、必要以上にビビる私であった。
[PR]

by gogofinland | 2005-10-07 23:28 | 2005 Finland

写真をアップしました

アルバム・フィンランド2005は1~4まであります。Mのお尻(ちゃんとズボンはいてますから)も登場させちゃいました。(^^;
[PR]

by gogofinland | 2005-10-07 23:16 | 2005 Finland

お知らせ

写真ページも間もなくアップします。アップし終わったらここでURLをお知らせしま~す。
[PR]

by gogofinland | 2005-10-02 17:53 | 2005 Finland

こんなにドキドキした入国は初めてだ

ビジネス客はエコノミー客より先に降りることができる。だから、他の便とぶつからなければイミグレを抜けるまではスイスイ行ける。並ばなくていいんだもん。

バゲージクレームで荷物が出てくるのも、「Priority」の赤い札のお陰で早い。だからいつまでも待つ必要がない。

さあ、ここからが勝負である。辺りをさりげなく見渡す。犬の姿を探す。そう、肉犬探し。いや、挙動不審と思われたら、肉犬の出る幕なしに荷物を開けさせられるに違いない・・・と思い、いつもの通りに淡々とした帰国者に徹したつもり。
どの列の管理官が優しそうかなぁ・・・などと向かいながら吟味していたら、もう1列オープンしてくれて、「こちらへどうぞ」と若い管理官に誘われたので、行ってみた。この人、まだ寝ぼけてる感じ。あくびしてるよ・・・おいおい(--;
「何か申告するものはありますか?」「いえ、ありません」「では、どうぞ」
・・・これだけ・・・マジでいいの?行っちゃうよ。安心させて後で捕まるとかないよね?あまりにアッサリしてたんで、肉犬に捕まらないようにとそそくさと表に出た。

良かったぁ!!無事トナカイちゃんと一緒に帰国できたわ!!
大きなバッグを自宅へ送る手配をして、NEXに乗った。時間が早かったので、例年より1時間も早く自宅に着いた。

いやぁ、しかしまぁ、自分の国に帰ってきてこんなに緊張したのは初めてだわ。しかもたかが肉類ごときで・・・来年は持って帰らないようにして、現地で食べてこよう。
[PR]

by gogofinland | 2005-10-02 17:52 | 2005 Finland

めくるめくビジネスクラス

通路で新聞を数紙取って、中に入ろうとすると日本人スッチーに止められた。チケットを出せという。疑ってるの!?厳しいわね~。チケットを見せると「どうぞ、前へ・・・」と優しく変貌。くそ~。この日本人スッチー、ビジネスクラス担当者の中で際立って態度が悪い!!すっごく横柄ってゆーか、上から見てる感じ?丁寧なのは言葉遣いだけ。エコノミーがお似合いよっ!!

中に入ると、フィン人スッチー(この超美人がずっと親切にお世話してくれた。)が1Aの席まで案内してくれた。荷物をしまおうとしたら、「上着をお預かりします」と。私の安物ジャケなど、荷物入れで充分ですが・・・と恐縮しつつ、このスッチーの癒し系スマイルにおずおずとジャケを渡す。あぁぁぁ!この余裕のなさ、ビジネス初体験バレバレ?(*--*)

広いシートだ・・・おぉぉ、やっぱいいねぇ。と、先ほどのスッチーがトレイに色んな種類のドリンクを乗せて「何かお飲みになりますか?」と差し出した。オレンジジュースをいただく。エコノミーじゃ離陸が相当遅れない限り、離陸前にドリンクなんて出てこないもんなぁ。しかも、グラスだぜ。プラスチックのカップじゃないもん。

一瞬寂しさを忘れていた私だが、いざ飛行機が滑走路に向かい始めると、めちゃくちゃ切なくなってきた。飛ぶのやめようよ~!!と思ったりした。そんな私にはお構いなしに機体がふわっと上がって雲の中へ。どんより曇り空なので、地上の景色を見ることがまったくできない。雲の上に出るとこんなにも太陽がギラギラまぶしいのに・・・この機内にあとどのくらい「帰りたくないよ~ぉぉ!」と思っている人がいるかなぁ?私だけじゃないよね、きっと。

シートベルトサインが消えると、またもやドリンクサービス。今度はザリガニちゃんらしきものが盛り付けられたカナッペ付き。(これだけ写真に撮るのを忘れた!!)
その後、ビジネスクラスセット(=スリッパ・耳栓・アイマスク・靴下がフィンエアーの巾着袋に入れてあるのだ)が配られ、レストランのメニューみたいなお食事メニューが配られた。
飲み物のページだけ見ても、すっごい種類の多さ・・・お料理も前菜、スープ、メイン、デザートまで2種類からそれぞれ好きなように選べる。

「お食事の準備をいたします」と、テーブルを出してくれて、真っ白なテーブルカバーをかけ、「前菜はどちらになさいますか?」と聞かれた。なぜか反射的に「お寿司・・・」と頼んでしまった。「スープはどちらになさいますか?」ま、これはお寿司だから味噌汁だな。
お寿司は・・・ぶっちゃけご飯が堅いっす・・・(;;)お味噌汁は私にはちょっと味が濃いっす・・・隣の列の白人のおじさんが食べてる洋食にすればよかったかなぁ・・・ちょっと後悔。
c0034850_1150508.jpg

c0034850_11515097.jpg

c0034850_11523152.jpg

その他、メイン~デザートまで、次々出てくる。何より、パンがすごい。エコノミーは一種類だが、バスケットにホカホカの何種類ものパンがてんこ盛りで運ばれてきて、好きなだけ食べられる。その中でも焼きたてのガーリックトーストがめちゃうま!!バゲットを使ったもので、外はカリっと中はシットリ・・・あぁぁぁ、シアワセ♪

ボトルもグラスもキンキンに冷やされて、ドライアイスが湯気をもうもうと上げているフィンランディアや、シャンペン・・・etcに魅せられて、久々の禁酒解禁。メインの時にシャンペンを1杯いただいた。(酔わなかった)

トイレにはフィンエアーの名前入り歯ブラシ・歯磨きのセットがたくさん用意されていて(これは使わなかったけどいただいてきた)、他にもアメニティグッズが並んでいた。しかし、そんなに広くはない。もっと広々としてるのかと思ったのに。
c0034850_11532845.jpg


毛布もペラペラの布切れじゃない。ちゃんとした厚手の毛布に真っ白で糊の効いたカバーがついていて、枕も普通のベッドで寝る時みたいな大きくてふわふわに枕カバー。この10月から来年2月までの間に順次ビジネスは座席を減らしてフルフラット化するらしいが、そんなコトになったら、ますます爆睡してしまいそうだ。

配られる水も違う。エコノミーは大体300mlペットボトル1本が、搭乗した時点で既に座席ポケットに突っ込まれてぬるくなっているのだが、こちらは冷えた500mlペットボトルが配られる。で、「もう1本お飲みになりますか?」と、後からまた配りに来てくれる。

この夢のような世界を満喫したいと思っていたのに、睡魔に負けて爆睡。目が覚めると既に朝食の時間である。くそ~ぉぉ!ほとんど寝てしまっていた!!(><)

朝も和風と洋風から選べる。和風の朝食を選んだが、主食はパンなので失敗だった。ご飯は出ない。この朝食のパンもすごい。あれこれ種類が出てくるが、その後には数々のサンドウィッチがまたもや出てくるのである。(もちろん食べました)
c0034850_11542144.jpg


めくるめくビジネス初体験はあっという間に終わり、成田着陸が近付くと気温は23℃だという。え!?私がいないうちに秋になってしまったの!?
これでホントに休暇は終わった。また1年、悶々としながら東京生活だ・・・
[PR]

by gogofinland | 2005-10-02 17:41 | 2005 Finland

トナカイちゃ~ぁぁん!!

フィンエアーバスに揺られて、空港に到着。
帰国便はアップグレードにより、ビジネスクラス!!パチパチパチ

ビジネスクラスのチェックインカウンターへ行くと、「1Aのお席が確保されています」そうです。一番前希望しましたんで(^^;
預け荷物には、いつもの荷札とは別に赤い「Priority」と書かれた札も付けられる。「Priority」・・・貧乏人には心くすぐられる言葉だ・・・ふふふ。

心なしかエコノミーのチェックインカウンターより丁寧な対応のように感じたが・・・

セキュリティチェックを通って、免税ショップ街でトナカイちゃんを買おうとした。いつものように「検疫証明もください」と言ったら、レジの人が「日本に持って帰るんですか?」と聞く。「そうです」と答えると、「もう日本には検疫証明は出してないんです。買って帰るのは構いませんが、成田で没収されてもこちらでは責任は持てません。それでも買いますか?」と。
え!?マジで!?去年までは、検疫証明をもらって帰ればOKだったのに・・・どうしよう・・・でも、AKIパパやKieloさん楽しみにしてるし、私も家で食べられないってわかってたら、スーパーで買ってMの家で朝ご飯の時に普通のハムじゃなくて、トナカイちゃん食べたかったよっ!

没収・・・成田に配置されたという噂の肉犬・・・ビーグルに追いかけられる自分・・・動物ネタ・・・しばらく私の頭の中にそんなことが浮かんでは消え・・・
そこで私は何の罪もないレジのおばさんに食いついてみた。「絶対没収されるんでしょうか?」おばさんは失笑しつつ、「それはわからないけど・・・もしそうなっても構わないならいいのよ。どうする?」と聞いた。迷っても仕方ない。イチかバチかじゃ!「買います!!」で購入。こんなことで今年の大幸運を使ってどうする!?という冷静な自分も頭の片隅にいるにはいたが、ふっ飛ばしてしまった。

スーパーで買って来たサーモンたちと一緒に保冷袋に入れて、お菓子の陰に隠す。う~ん、なんだかまるで密輸・・・(--;

そんなことをしていると、Mからメールがきた。「もう間もなく帰国のフライトだね・・・快適だといいね。また会おうね!写真すぐ送るからね」と。もう仕事は終わってるだろうし、最後に電話してみようかな・・・と思ったけど、電話を切りたくなくなっちゃうかもしれないから、メールにしておいた。4日間のお礼と、帰ったらすぐにメールするからね・・・といったことと、もうちょいフィンにいたかった・・・というようなこと。

メールを送ったところでファイナルコール。列をなして乗り込むエコノミー客を尻目に、ビジネス用のカウンターから悠々と入る私。・・・って、いつもは私もあっち側じゃん!(爆)
フィンとお別れの寂しさを打ち消すような、めくるめくビジネスクラスの世界に身もだえするまであと少し!!
[PR]

by gogofinland | 2005-10-02 17:07 | 2005 Finland

ロヒケイット

もうお昼を過ぎているので、まずは何が何でもマーケットホールでロヒケイットを食べなくてはならない。(最終日の昼食としてお決まりのメニューである)
迷うことなく「ロヒケイットください!」と頼み、いつものアツアツなロヒケイット・サケたっぷりでお腹一杯。う~ん、満足、満足(^^)

マーケットホールを出て、ドイツ教会へ。ここ、一度も中に入れたためしがない。今日もドアには鍵がかかっていて入れない。事務所みたいなところには電気もついてて、人もいるけど、教会は開いてない。中を見てみたいよ~!

c0034850_1147359.jpg

ドイツ教会をぐるっと一回りして、オリンピア・ターミナルを見下ろす公園へ。あいにく崖っぷちのベンチはカップルが占領していたので、その上のベンチに座ってシリヤラインを眺める。シリヤライン、1度乗ってごらんと言う人は多いのだが、私は船があまり好きではない。飛行機は大好きなんだけど、船はダメ。事故になったら海に沈む、まさにタイタニックの映像が子供の頃から嫌いである。飛行機が落ちる分には、もう諦めがついていて助かる気まるでナシなので空想だけで恐怖に陥ることはないんだけど・・・船とか電車とか車とか、助かる見込みがありそうな乗り物はかえって事故が怖く感じてしまうのである。あと、『沈んで死ぬ』というジワジワ感がイヤ。「一気に殺してくれ~!」である。

ということはさておき、待てどくらせどカップルは移動する気配がない。仕方ない・・・もう諦めよう。こんなことで時間を無駄にするわけにはいかん。
c0034850_11455782.jpg


公園を出ようとした時に、不思議な木の実をたくさんつけた木を発見。これって、何?食べれるの?(=食べられるものは食べたい女)
c0034850_1149042.jpg


結局またぐるりと回ってトーロの岩の上に。崖っぷちのベンチに座って、ドーナツをかじりながら、水面を泳ぐカモたちや、リンナマキ遊園地、さっきまで泊まっていたホテル・オーロラなどを見渡す。次にこの景色を見るのは、また1年後かぁ・・・ため息が出てしまう。

もう3時近くだ。スーパーでスモークサーモンやゲイシャチョコなど、お土産を買ってから空港に向かった。気分はしんみり・・・
[PR]

by gogofinland | 2005-10-02 16:47 | 2005 Finland