私はお金を持ってません

ハワイに限ったことではないのだが、どうにも『日本人=金持ち』という
イメージが海外ではあるらしい。しかも、私がハワイに行った時期は
極めつけの円高。なんと1ドル=80円台という時だった。
(ちなみに出国時は¥88、帰国時は¥85くらいだった)

国際経済上はあまり歓迎されないのかもしれないけど、海外旅行の
一般Peopleにとっては、まさに『天国への切符』を当選確実なくらい
大量に手に入れるようなものなので、大歓迎な状況なのだ。
むか~し昔の、1ドル=¥360なんていう頃に比べたら、今の¥135
くらい(注:日記を書いた頃のレートです)なんていうのはやっぱり天国
なんだけど、バブルの頃を思うと今のレートも、なんだか損したような気に
なってしまう。一般Peopleというのは、基本的に自分の手にのっかった
『量』に目がくらむので、仕方ないじゃん。

さて、旅行のために貯めた資金だろうが、元々大金持ちだろうが、街中の
商売人たちには関係ない。チラっと商品を覗こうものなら「日本人が来た
ぞ~!!!」と捕獲作戦が始まる。
カラカウア通り沿いのちょっとした広場にギューギューに立ち並ぶ露店を
ブラつくと、その捕獲作戦も相当強引になる。

私はブランド物買い込みにも興味がない人間なので、とりあえずのために
せいぜい10~20ドルくらいしか持って歩いていなかったのだが、露店の商人
(あきんど)たちはそんなことは知らないから、商品を押し付けるように見せてくる。

とあるシルバーアクセサリーの露店は、アジア人系の店で、そこのおばちゃんは
物凄かった。
通り過ぎようとする私に腕を組み(私はあんたの彼氏じゃないぞ!!)、何がなん
でも離さない。
そして、次々と「オススメ」「人気商品」と称して、私の10本の指全部に指輪をはめて、
「どれにする?」と聞く。(私はあんたと婚約指輪を買いに来てるんじゃない!!)
「お金持ってないから買わないよ」と言うと、「日本人がお金持ってないはずない!!
他のにするか?」と聞いてくる。「だ~か~ら~、お金ないってば」と言っても信じない。
仕方が無いので、私は小銭入れのような小さな財布の中身を見せた。中身は1ドル札
が2~3枚とジャラ銭だけ。

でも彼女は信じない。他に財布を持ってると思っている。しかし私はこの小銭入れと
「写るんです」だけ手に持って歩いていたもんで、本当に他には所持品がなかった。
本当にお金を持っていないとわかると、彼女の態度が急変。逆ギレしたのだ。私の指
にはめられた10個の指輪を抜き、「お金ないなら来ないで!!とっとと帰って!!」
と言う。これには私もブチ切れて、「だから最初っから無いって言ってんじゃん!!
あんたが勝手に売りつけようとしたんでしょ!!日本人なめんなよ!!」と、その店を
離れた。

歩き始めるとまた別の店の店員が声をかけてくる。すると、さっきのおばちゃんが店員
に向かってこう叫んだ。「ダメダメ!!その子お金持ってないから、売ることないよ!!」
・・・こいつ、マジでぶっとばしてやろうかと思った私。

その後、ホテルのプールサイドのホットドッグ屋(?)のお兄さんからは、「ブランド物
いっぱい買った?」と聞かれた。私が「買わないよ」と答えると、とても驚いた顔で
「日本の女の子は、みんなそのために来てるんじゃないの?じゃあ、キミはハワイで
何をするつもりなの?」と聞いてきたので、「海でのんびりして、いっぱいキレイな景色
見て、散歩して・・・・リフレッシュする」と言うと、お兄さんは「僕のイメージしてる日本人
の女の子とは違うけど、その方が本当に休暇になるよ。」と笑って、アイスティーをおま
けしてくれた。
[PR]

# by gogofinland | 2005-01-16 13:31 | 1996 U.S.A(Hawaii)

海は広いな・大きいな

入国ドタバタ騒ぎも忘れてアロハタワーに到着すると、
ハワイ名物・レイを首にかけるというイベントでツアー説明会が始まった。

レイが放ついい香りを目一杯吸い込みながらも、このいかにも『ツアーです』
という説明会がこっぱずかしくもあり、また、せっかく到着したのに外に出られない
苦痛で胸一杯だった。
この退屈な説明会の唯一の救いは、ショッピングセンター内で自由に使える
昼食クーポンをもらえたことだけ。
クラブサンドとぬるめのアイスティーで、すきっ腹はとりあえず落ち着いた。

ホテルのチェックイン時間まで、バスで軽く観光。日本語の上手な運転手兼
ガイドのおじさんのおやじギャグを聞きながら、カメハメハ大王像やらダイヤ
モンドヘッド(まっ昼間の)やらを回ったものの、アロハタワーから見た海の
景色のほうが、私にはサイコーだった。

東京生まれ・千葉育ちの私は、青い海なんて一生見れるもんじゃないと思っていた。
千葉も東京寄りだったので、東京湾が一番近い海だったし、稀に九十九里なんかに
行っても、深緑色の海なんだもの。

ホノルルで見た海は、本当に『青』。タワーの展望台でも、浜辺でも、滞在中何度
となく「海は広いな、大きいな♪・・・」とブツブツ読経のように歌ってしまった。
いや、これは絶対私だけじゃないはず!!歌わなくとも、歌いたくなるくらいの気分
は味わったはずだ。
それが証拠に、私が撮ってきた写真を見て、「本当は買って来たんじゃないの?」と
言う人もいたのだから。人によっては現実の海や空とは思えないほど、作り物のよう
にきれいな青なのだ。

私はこの後起こる、いくつかの思い出ネタのことなど知らずに、あちこちで「海は広い
な・・・♪」と繰り返しつぶやくのであった。
[PR]

# by gogofinland | 2005-01-16 13:26 | 1996 U.S.A(Hawaii)

入国審査でひと騒ぎ

私の海外デビューは遅くて、今からわずか6年前。
そして、海外旅行の基本(だと私は思っている)ハワイ・オアフ島。
当時勤めていた所で、毎年数人ずつ参加する慰安旅行のようなものだった。
女性は私と、参加者の奥さんだけ。
ということで、上司の計らいで一人部屋で滞在できることになった。

飛行機好き(フィンランド1997参照)な私は、国内線とは比べ物にならないくらい
長時間のフライトに、心ウキウキ。
乱気流もジェットコースター気分で楽しみ、初海外・青い海と青い空のホノルルに到着。

入国審査は大行列。私と数人の連れは、他のメンバーから少し遅れて行列に加わった。
何気なく見ていると、同僚の一人の審査がやたらと長い。
そのうちゴツイお兄さんたちまで集まり始め、同僚が別室に連行されてしまった。
私たちがアッサリと入国審査をパスした後も、同僚は戻ってこない。
なんだか、最初から波乱の雰囲気。

預けた荷物を受け取り、待つこと数十分・・・ニコニコと係員に伴われて彼は戻ってきた。
一体何ごとかと事情を聞くと、連行理由はこうだ。
彼は機内で飲み過ぎてゴキゲン状態。質問にものらりくらりと答えるばかり。
さらにパスポートに比べて、痩せてしまっていた。
そこで係員が「なぜ痩せたのか」と聞いたら、「仕事が忙しいから」と答えた。
「仕事は何か」と聞かれ、これまたあやふやな言い方をしたものだから、
このコワモテの男は「ジャパニーズ・マフィア(=ヤクザ)」の疑いをかけられ、
痩せたのも覚せい剤のせい、ハワイに来たのもヤクの密輸絡みではないかと
疑われたのだった。
別室での様子を聞くと、パンツ以外は全部脱がされ、注射の跡を捜されたそうだ。
入国審査くらい、マジメに答えろよ・・・・
私は呆れ返ってしまったのだった。
[PR]

# by gogofinland | 2005-01-16 13:24 | 1996 U.S.A(Hawaii)

旅日記について

ホームページに掲載している旅日記が増えてしまって、
1話ずつページを書いて、リンク貼って、アップロードするのが
面倒になってきたし、このまま旅をしていたら(年イチだけど)
容量もヤバくなるに違いない・・・ということで、
ブログに移し変えることにしました。

移し変えも一度にできそうにないので、ちまちまと移動させますので、
しばらくお待ちくださいませ。

日常ブツブツとつぶやいているブログは、これまた別にありまして、
『AKIのぐうたら日記』ちゅーもんが・・・
そちらも併せてご覧いただければと。

そんなわけで、当面は過去の旅日記を貼り付けるばかりで、
更新日付だけが今という状況ではありますが、
その後は次の旅まで私の旅に関する熱い思いや、
フィンランドの旅に関する情報も何か入る度にアップしますので
よろしくお願いいたします♪
[PR]

# by gogofinland | 2005-01-16 13:20 | ぐうたらな日々Tokiossa