観てたこっちが後味悪い

タイトルはナンですが、何はともあれ・・・
真央ちゃん、銀メダルおめでとう!

終了後のインタビューで悔し泣きしていたのを見て、
ねーさんも非常に心が痛かったっす。
でも、よくやった。

選手はみんな頑張ったと称えたい。
・・・が、フィギュアのドス黒さにウンザリしているのも事実。

最初に言っておくが、キム・ヨナの金メダルは認めている。
ノーミスで、しっかりやったんだから当然だ。



私が納得いかないのは『採点の不透明さ』である。

今までさほどフィギュアに熱心な興味がなかったので、
採点方法というのを今回初めて聞いたのだが、
今の採点方法や発表までの流れは、
「なんかやましいコトでもあるんですか?」と疑われてもやむなしと思う。

なぜなら、コーチも選手も、ましてや観客も、
まったく予測できない方法をとっているからである。

受験の時だって、模範解答見ながら自己採点できるじゃないか。
後は記述回答で、〇になるか△になるかで微妙に変わるだけで、
ある程度自分が何点取れたのかはわかるし、
あとは他の受験生がどのくらい取ったのかによるが、
合格ラインに届いてるかどうか、予測はできる。

各技にはそれぞれの難易度などに応じて“基準点”というのが決まっているそうな。
失敗すれば、失敗の度合いによって減点される。
これはいい。

しかし、だ。
加点って何?

基準点があるなら、その技をきちんとこなした場合の満点じゃないのか?
じゃあ、どうやったら加点なのかと言えば、審査員の感じ方次第なのである。
いくら審査員=その競技のプロとはいえ、個人の感性で判断されちゃたまらん。

だってそうでしょ?
たとえば真央ちゃんとキム・ヨナが、まったく同じ技をやったとする。
高さも、スピードも、着氷も、すべて同じだけ成功した場合でも、
真央ちゃんは手のひらをパっと開いて華やかさを出し、
キム・ヨナは手をグーにして力強さを出したとする。
審査員Aの好みは華やかさで、審査員Bの好みは力強さだったら?
そして審査員Cはそんなコトより高さやスピード、着氷を規定通りに
こなしたかだけを重視したら?

だから、本来は基準点を満点として、各技のチェック・ポイントを明確にし、
それに満たない場合や失敗した場合に減点していくのみで十分なのである。

「曲の理解度」なんてーのもあったが、
観客同様、座って観ているだけの審査員に、本当に理解できるのか?
審査員がどんだけ全出場者の使用曲を“正しく”知っていると言うのか?
まして音楽。個々の感性でなんとでも解釈できる。
同じ悲しみを、静かに表現する人もいれば、激しく表現する人もいる。
そのどちらが曲を理解していると、誰が言いきれるのか?
言いきれるとしたら、作曲者だけだろうね。
それだって作曲者の意図に合致したってだけのこと。正解とは限らない。

フィギュア審査の一番の問題は、そういった曖昧で、半ば標準ルールがない
状態である上に、どの審判員が何点つけたか非公開で、
なおかつ、ランダムにピックアップされて合計点が計算されるという点だ。

他のほとんどの競技が、タイムや距離でハッキリと誰の目から見ても、
それこそ素人が見てても、「今の人がどうだったか」がわかる。

ジャンプなども、まずは飛距離で前の人より今の人の方が飛んだとか、
届かなかったとかがわかる。
そして、全審判員が出した点数が表示される。
どの審判員が何点出したか、全部出される。
そのうち、一番低い点数と一番高い点数が削除されて、
中間点だけが採用されるのである。

なぜフィギュアでそれができないのか?

誰が何点つけたかも、ピックアップされたのが低い点数のものだけだったのか、
それとも高い点数のものだけだったのかすらわからないまま、
「キム・ヨナが世界一の点数を叩きだしました~!」なんて、スラ~っと言えちゃう
マスコミもアホかと思う。

確かにキム・ヨナは今日、ノーミスで素晴らしい演技をしたと思う。
真央ちゃんは3Aをキメたけれども、途中つまづきがあって回れなかった。
どう考えても、キム・ヨナの出来が良かった。
だから彼女は金で当然と思う。真央ちゃんも残念だが銀で当然と思う。

だけど、なんでSPで5点弱だった差が二桁差になるほどの差だったのか?
男子の部に出ても入賞しそうな点数って、キム・ヨナは4回転でも飛んだのか?

今日の結果だけでもいいから、全審判が何点出したか公表して欲しい。
そして、誰が、どの点数をピックアップしたのかも公表して欲しい。

真央ちゃんに高い点数だけをピックアップしていて、
キム・ヨナに低い点数だけをピックアップして、
それでもあれだけの差になるというのだろうか?

こんな審査をしているから、『噂』が出てしまうのだ。
もしも噂のような後ろ暗さがないんだったら、
名誉回復のためにも公明正大な点数公表をするように変更した方がいい。
そもそも、そんな噂が出ること自体、スポーツの祭典として恥ずかしいことだと
運営者や選手は自覚すべきだ。

こういう噂はキム・ヨナにとっても、よろしくない。
彼女だって努力をしてきたはずで、それによって勝ち得た金メダルなのに、
ケチがついてしまうではないか。

どこかの掲示板で言ってる人がいた。
「選手にはドーピング・テストをするんだから、審判員も身辺調査をすべき」

うん、私もそう思う。

~*~*~*~*~*~

さてさて、そんな話はここまでにして、ホッケー。

まず、女子チーム・フィンランドはスウェーデンを破って銅メダルゲット!
おめでと~♪
やっぱ女子はスウェーデン相手にヘタレなかったのね。

そして、男子チーム。
準決勝進出決定!
ついでに、“目の上のタンコブ”スウェーデンが負けたので、
(スロバキアさん、ありがとう♪)

残る敵はアメリカ&カナダ。
アメリカを破れば、カナダと金メダルを争うことになる。

いや~、それでもスロバキアは危険かもしれない。
いわゆる『ダークホース』臭がしてきている。
なんだかんだ言っても、予選リーグでロシアを破っているし、
スウェーデンも破った。

ロシアにバカ勝ちしたカナダだが、もしかしたらスロバキアが
大化けして、ここまでのようには楽に勝てないかもしれないし、
場合によっては負けるということもあり得そう。

~*~*~*~*~*~

そんでもって、ノルディック複合は、というと。

ようやく!
ホントにようやく!!

マンちゃんが4位入賞。

長かった・・・(;;)

メダルは獲れなかったけど、カムバックしたマンちゃんが最後に
ここまで頑張ってくれたんだから、良しでしょう。

コイちゃんが出走しなかったのはガッカリだが。
[PR]

by gogofinland | 2010-02-26 22:05 | スポ魂♪