そんなコトがあるんですな。

GW最終日。
明日から仕事か~・・・しかもいきなり大忙しな日だし・・・
ま、でもガッツリ5日間好き放題しつつも、
ちゃんと朝はいつも通り起きてたので、
ユウウツな気分にはなってないのが救いかなぁ。

ということで、毎朝恒例の『やじうま』を観ていたら、
コメンテーターのやくさんの話しが面白かった。



今年、トランジットでアメリカに入国する際に、
足止めを食らったそうな。

その理由ってのが、過去の渡航先。

古いパスポートの分まで渡航履歴が出るらしく、
中東への渡航が結構多かった為に、厳しいチェックが入った模様。

へぇ、古いパスポートの分まで渡航履歴を見られてるんだぁ?
初めて知ったわ。
パスポートをピっと通した後に、モニターをずっと見てるのは、
そーいうのが出てるってことなのね。

やくさんは「半ば犯罪者扱いされて気分が悪かった」と言っていたが、
う~ん、「こいつ、なんでこんなに中東に行ってるんだ?」と
疑惑の念を持たれたのは確かだが、欧米在住のイスラム系テロリストたちが、
こぞって居住国-中東間の渡航歴がしばしば発覚することを考えれば、
頻度が高い人のチェックをするのは仕方ないんじゃないかなぁ。
「日本人だから、どーせ旅行だろ?」なんて甘さじゃ、
テロ防止対策もザルになってしまいかねないもんね。

で、思った。

もしも、フィンランドが『ならず者国家』(←懐かしい響き)に転身した場合、
私も“怪しい人”として別室送りになるかもしれないってことか?

ちなみに・・・

何回以上の、
どのくらいの頻度の、
どのくらいの滞在日数の、
渡航で“怪しい人”候補に昇格(?)するんだろうか?

そんでもって、最初の別室送りで“怪しくない人”と結論付けられた場合、
それ以降は「こいつはスルーでOK!」みたいなフラグでも付けるんだろうか?
それとも、毎回渡米の度にいちいち身の潔白をたてないといかんのだろうか?
渡米と渡米の合間に、再び中東への渡航歴が増えていった場合は?

私がアメリカに入国するにあたっては、今のところ問題ないけど、
疑問への答えが知りたいなぁ。
なんか興味深い。
[PR]

by gogofinland | 2010-05-05 12:27 | 旅についての思いあれこれ