五月広場まで踏破!

・・・って、たいがいの観光客はそうしてるはずなので、
踏破したと、あえて言う必要がないのだが・・・
なんとなく言ってみたくて。(笑)

ここで、この3年間、ものすご~く気になっていながら、
いつも人気がほとんどないので、微妙に怖くて近寄れなかった場所へ
行ってみることにした。



c0034850_11474955.jpg
c0034850_1148087.jpg


位置的には、カーサ・ロサーダの裏手。
いつも空港⇔セントロのバスの窓から見ていた。
だけど、ホントに、車が通る以外、あまり人が歩いているのを見たことがなかったので、
こんなところをブラブラ歩いてたら、襲われるに違いない・・・と思っていたのだ。

・・・が、行ってみたら、別に・・・だった。

で、要するにココは何だ?というと、この奥の建物はどうやら軍の建物らしい。
入口にでっかい機関銃を担いで兵隊さんが立っていた。

ここは公園なのか、それとも、軍の建物前の車寄せなのか、
一般人が入っていいものか否か、さっぱりわからん。
門は関係者しか出入りできない程度と言われればそのくらい、
一般公開といえばそのくらい・・・という感じでしか開いてない。
軍服じゃない人がこの門から先を歩いていないから、まったくわからん。

かといって、入っちゃいけないという看板が立ってるわけでもない。
遠くにいる兵隊さんに、「入っていいですか~ぁぁぁ!?」と叫ぶわけにもいかず。
(声が届くかどうかも微妙な距離)

ここはやっぱり、足を踏み込むのはやめておいた方が無難と判断。
一歩踏み込んだ途端に、あの兵隊さんが撃ってきたりするかもしれないし!

デジカメの望遠レンズがビュイ~ンと伸びるのは武器に間違えられないかなぁ・・・
そう心配しつつも写真を撮ってみた私。
とりあえず、オデコに穴が開いてない状態で帰国できたので、危険人物視はされなかった
ということでよろしいのだろう。

ちなみに、帰りのバスから見たら、中で戦車などを見物してる人がいた。

なんだよ!入っていいのかよっ!!(--#
[PR]

by gogofinland | 2010-10-11 12:01 | 2010 Argentina