お散歩

あ~、よく寝た!と、目覚めると8時過ぎ。カーテンをガ~っと開けたら曇っている。が、雨が降りそうな感じではない。バルコニーに出ると、あったかい。(14℃で『あったかいわぁ』と感じるようになったとは・・・)

ここはアーサー同様1Fのレストランで朝食ブッフェである。ぶっちゃけ、アーサーより豪華!朝のブッフェにもクッキーなどがあったり、ミートボールもあるし、卵料理はゆでたまごではなく、ほかほかのスクランブルエッグ、フルーツもバナナとリンゴとオレンジだけではなく、ブドウやらキウィなどが丸ごとでズラリと並んでいる。
コーヒーだって、ノーマルなものからエスプレッソ、カフェラテ・・・きゃ~、豪華!
そんな豪華なブッフェですら、トーロのカモたちのためにパンをこっそり(しかもたっぷり)いただいて逃げる私・・・

今日はお昼にKちゃんとランチなので、その前はお散歩である。これから帰国までの約1日半はKちゃんと会う以外は一人の時間、完全な夏休みのリフレッシュタイムである。みんなと遊ぶのは楽しいけど、年に1週間の一人旅。こういう時間も少しはないと、次までの1年間、東京の慌しさを乗り切るパワーが充電できないので、私にとっては大事な時間である。

ホテルはトーロのすぐ脇なので、ホテルからトーロを抜けて中心部に向かって歩くだけでお散歩コースなのである。今までとは逆周りになる。
『いつもの』場所に着くと、去年まであったお気に入りの水際ベンチがない!!思わず「なんで無くなってんのよ~ぉぉ!!」と叫ぶ私。
叫びが合図になったのか、アジアンな私の姿が合図になったのか、それは知らんが、とにかく水際に立つ人間の姿にカモがいきなり集まってきた。・・・(--; ここに人間が立つとエサをもらえると学んだのか?

「さあ、お待ちかね!今年もパンを持って来たぜ~!!」とばら撒き始めたら、早速足元までやってきて口をあ~んと開けて待つカモが数羽。順番に口の中にパンを放り込んであげると、それを真似して続々口を開けて私の周りに集まってきた。
360度、周囲をカモに囲まれて、ぐるぐる回転しながら順番にエサを口に放り込む私。目が回りそうに忙しいぞ!
特に動物ネタに見舞われずに、あっという間にパンがなくなってしまった。まだじ~っと私を見上げてガーガー鳴いては口を開けるカモたちに、「今日はもうお終いだよ。明日はもっといっぱいくすねてくるね・・・」と言うと、言葉がわかるわけでもないくせに、パンが無いことだけは察知したようで、水に戻って泳いで行ってしまった。

ケッコネンの記念碑のところの、大きな岩の上に登り(去年だったか、硬貨を拾おうとして落下しそうになった、あの場所です)、今回は転げ落ちないように・・・と気をつけながらトーロ湾を見渡せる場所まで降りて、ぼ~っと景色を眺めた。
はぁぁ・・・やっぱりここはいいわね~。カンッピなどは変わってしまったけど、ここは変わってないわ。白鳥サマには会えないけども・・・
c0034850_11334842.jpg

c0034850_11342440.jpg


お散歩してるうちに、空がすっかり晴れ渡って気温も上がって暑くなってきた。とはいえ17℃くらいなもんですが(^^;
これからKちゃん&ベイビーMとランチである。
[PR]

by gogofinland | 2005-10-01 14:20 | 2005 Finland