2日目!!~その5

スポーツミュージアムを出て、次は歴史博物館へ向かう。
あんなに快晴だったのに、空はどんより。今にも雨が降りそうだ。
私の晴れフィンもこれで終わりか・・・となんとな~くポツっと感じる雨に
切なさと今朝の天気予報がハズレたことについての不満を抱きつつ、
地図を頼りに歴史博物館を目指す。

が、途中で地図を見誤って、どこぞの公園へ。
これがなかなかいい感じだったので、寄り道。
c0034850_2055156.jpg
c0034850_20552514.jpg




公園で再度地図を吟味し、元来た道を戻ると、
博物館への近道発見!!
敷地に入るなり、妙なオブジェが大好きな私の心にずっしり響くものが。
c0034850_20574460.jpg
c0034850_20575765.jpg
c0034850_2058786.jpg

なんか妙なんだよね・・・
1人の女性は「あ~れ~ぇぇ、およしになって~ん♪」みたいな格好してて、
もう1人は男に担がせて威張ってるし・・・なんの像なんだ?
「いじめの図?お局様?」と思ったが、(んなわけないだろ)
「あ~れ~ぇぇ」の人は笑ってるんだよな。

さて、このオブジェの向こうに博物館がある。
ドアの外で男性が2人、タバコを吸いながら談笑している。
中に入ろうとしたら、そのうちの1人がタバコをもみ消して
ドアを開けてくれた。ドアマン?

中に入ると、受付におばちゃんが1人。
入場料を払おうとしたが、レジの使い方に不慣れなようで、
かなりあたふたしている。
さっきドアを開けてくれたおじさんが教えてあげて無事完了。

まずは色々な本が売っているコーナーが最初。
おじさんが着いて来て、「この本はね・・・」と説明してくれたが、
途中で「う~ん・・・つい数日前まで夏休みを取っててね、その間に
レイアウトが変わっちゃって、どこにあるかわかんなくなっちゃったよ。
いい本があったんだけど・・・(^^;」と失笑。
チャールズ皇太子監修の美術集を見せてもらった。
「これはすごく写真もきれいでいい本なんだけど、高いし重いから
買わないほうがいいよ」だって。商売っ気のない人ですな・・・
もしくは私はそんなに貧乏が染み出てただろうか?(確かに)

歴史博物館とはいえ、ほとんどはバイキングの歴史。
バイキングにまつわる出土品がほとんど。
だからなおのこと私には面白かったんだけど。

たくさんの古いマリア像やキリスト画などが並ぶショーケースの部屋。
暗さのせいもあってか、なぜかここの一角だけゾクっと鳥肌が立った。
怖いわけじゃないけど、なんかゾクゾクっときてしまい、早々に通過。

古代の北欧神話がスクリーンで上映されていた。
そこに古代北欧文字のスタンプがあって、自分の名前を押していたら、
別の係の人が来て、押し方が弱いと何度もやり直しさせられた。
結局「スタンプが薄いね」とインクを補充してくれたのだが、
今度はインク補充し過ぎ!!
ものすごいビチョビチョのスタンプになってしまったのである。
乾くまで時間かかっちゃうじゃんかっ!!
「やべっ」と思ったらしく、お兄さん逃亡。(--;

ぐるりと一回り見て、受付前に戻ってお土産売り場を眺めようとしたら、
さっきのお兄さんが「2Fの展示は見た?」と聞く。
「あ、2Fもあるの?」と言うと、「見ておいで!!」と言われたので、
トコトコと2Fへ上がる。
2Fは中世頃の貴族のものと思われる、ちょっと豪華な食器の類がズラリ。
う~ん、私はバイキングの方が好きだな。

再び1Fに降り、お土産売り場を眺めようとすると・・・
今度は最初のおじさんにとっ捕まった。
おじさん「スクリーンのショートムービーは見た?」
私「ちょっとだけ見た」
おじさん「だめだめ、全部見なきゃ。絶対見て帰って」
おじさんに引きずられるまま、真っ暗なスクリーンの前へ。
「一番前の真ん中に座って」
指示されるまま座る私。
英語バージョンにして上映を開始し、「どうぞごっゆっくり(^^)」と
おじさんはこの暗闇、不気味なナレーションだけが響く場所に
私を放置。しかもだれ~も来る気配なし・・・
言っておくが、私は暗いところが苦手である。
こ、こわいよ~(;;)

しかし、逃げ出すわけにはいかない。
ナレーションが受付まで聞こえているので、「終わったよ」というウソは通じない。
誰か来ないかなぁ・・・と思いながら、なんとか終わるのを待つ私。
終わった途端に明るい受付までダ~ッシュ!!

受付には最初のあたふたしたオバちゃん、スタンプのお兄さん、おじさんの
3人が勢ぞろいして雑談していた。
3人に「色々とご親切にありがとうございました」とお礼を言うと、
3人とも満面の笑みで「どういたしまして!」

はぁ・・・ラハティの博物館の人たちって、親切なのね・・・つーか強引?(^^;
再びあのオブジェの周りのぐるぐる回って、色々な角度から観察。
ふと時計を見ると2時半。
3:14発でリーヒマキに戻ろうっと。
・・・の前に、そういえばお昼を食べてなかった。どうりでお腹がすくわけだ。

カウッパトリに戻ると、ほとんどの店が片付けを始めている。
なんだかやたらとフライドポテトが食べたくなったので、
ヘス・バーガーへ入った。
ラッキーなことにポテトを揚げてる最中ということで、
先にジュースだけ。バーガーもポテトと一緒に出してくれるという。
その方が嬉しいよね。バーガーは冷めてるんじゃ、ポテトがアツアツでも
な~んかイヤだもん。

c0034850_21283114.jpg
c0034850_21292428.jpg

こんな感じでオブジェを見つつ、駅へ向かった。
[PR]

by gogofinland | 2006-09-24 21:30 | 2006 Finland