3日目!!

興奮のホッケー・ナイトは明け・・・
目覚めれば特派員は既に出勤後。
朝ご飯の準備をするのが面倒くさかったので、
とっととシャワーを浴びて駅カフェで何か食べようっと♪



今日も快晴。
だが昨夜冷え込んだせいで、ギラギラの太陽なのに
すごく寒い。手がかじかんでしまいそうだわっ!

駅カフェで100やらキミちゃんの記事が出てる雑誌を
見ながら(←読みながらと言えないのが悲しい)だらだら。

中心部に行き、本屋さんでフィン語⇔スペ語の辞書を購入。
通常30ユーロのところ、安売りで14.90。
これが今年絶対買って帰りたかったモノである。

オールド・チャーチに行ったが、やはり中には入れなかった。
つまんね~!中に入らせてくれよ~!!

グルグル&ウロウロし、お昼は近所のスーパーで
リハ・ピーラッカとクロワッサンを1個ずつ買い、
カモたちのいるベンチで食べる。
既に気温も上がってポカポカ陽気。サワサワ吹く風が気持ちいい。
ベンチに座った途端、一斉にカモたちが水から上がってきて取り囲まれた。
が、あげないっ

アパートに戻ってテレビでも観るかな・・・と思ったら、
駐車場に特派員の車が停まっている。
あれ?帰ってきてる・・・早くね?

帰ってみたら、いた。
特派員「おっかえり~ぃぃっ!(^^)」
私「なんでいるのっ!?帰ってくるの2時半くらいでしょ?」
特派員「早く上がった」
風邪はどうなんだ?・・・どうやら熱が少し出てきたらしい。
そんなんでホントにコテージに行く気なのか、特派員!?
私の心配をよそに、当の本人行く気マンマン。
準備を始めた。

私「熱があるんだったら中止して寝てた方がいいんじゃん?」
特派員「大丈夫だよ~。コテージでのんびりしてれば治るって」
鼻声で言う。

そりゃまぁ私も行きたいには行きたいしな・・・
ま、本人が行く気ならよかろう。
ちゅーことで、これよりコテージへ向かうのである!

by gogofinland | 2006-09-26 21:21 | 2006 Finland