がっくり

 あと30分くらいでKの仕事の終業時間だ。ホテルでボケ~っとしててもしょうがないし、ストリンベリにでも行ってようかな。
 レセプションにカギを預けようとしたら、若い男の子(20歳くらい)の集団がちょうどチェックインし終わったところだった。レセプションのおじさんに「カギをお願いします」と渡そうとしたら、彼らが口々に「ハ~イ♪」とか「Have a nice day!!」とか言うので、1vs多数だと返事も忙しい。

 ストリンベリでいつものどんぶりカフェオレを飲みつつ、旅日記を書いていると、新規メル友Sから携帯にメールが入った。「もうヘルシンキにいるの?いるんだったら会わない?」・・・あんたネタが遅いよ・・・(--; 

 待てど暮らせど、Kから連絡がこない。携帯に「もしかして、まだ仕事してる?今日はムリってことかな?」と送ってみたら、「残業になっちゃって・・・まだまだかかりそう。多分今日はムリだと思う」と。
 がっくり・・・これってもしかしてすっぽかし?ちゅーか、会う気なかったんじゃん?じゃあ、最初から約束すんなよ~!!

 ものすごくガックリしてしまった。こんなだったらタリンに行っちゃえばよかった。ふと、さっきメールをくれたSに「これからどう?」と連絡しようかと思ってしまったが、ヘコみ度が高すぎてそんな気分もすぐに消えた。

 ストリンベリを出て、薄暗くなった空を見ると、昨日、今日とあんなにいい天気だったのに、どんよりとした黒い雨雲が集まってきていた。きっともうすぐ雨が降る。
 ライトアップされたマーケットホールやウスペンスキー大聖堂、ホワイトチャーチなどを写真に収めていたら、雨が降り始めた。
 なんだか必要以上にミジメな気分。Kにはすっぽかされるわ、天気はまた悪くなるわ・・・

 Kから何度かごめんねメールが入ってきていた。「仕事だからしょうがいないよ。気にしないで」と返事を出したが、何度もメール打ってるヒマがあるんだったら、とっとと仕事を片付けて来い!!と書きたくなってしまった。
[PR]

by gogofinland | 2005-02-11 23:54 | 2004 Finland